子どもが食べたくなるなる♪アジのキッズレシピ7選

今回は魚が苦手な子どもに作ってあげたい、アジレシピをピックアップしています。ハンバーグやミートボール感覚で食べられるミンチレシピや、子どものお弁当にも使えるおかずレシピ、子どもが食べやすい丸ごとアジレシピの3ジャンルで、子どもの魚好きを引き出してあげましょう♪

思わず子どもが食べたくなるような、アジの子ども向けレシピにトライ

子どもによって好きな食べ物や嫌いな食べ物は違いますが、魚が苦手な子どもって多いですよね。
魚を食べてほしいけど、無理強いはしたくない。そんなママやパパのために、子ども向けにアレンジしたアジレシピをご紹介します!

魚が苦手な子どもには、ミンチアジのレシピがおすすめ★

【ミンチアジの子ども向けレシピ1】あじの青じそ巻きさんが焼き

さんが焼きとは漁師が作った郷土料理で、なめろうを焼いた魚料理のことです。酢と水でアジの表面の臭みを取りのぞいたり、小骨をていねいに取っておくのが調理のポイント。こうすることで、子どもでも食べやすいなめろうに仕上がります。
そして、でき上がったなめろうをあじで包み、中までしっかりと火を通せば完成。子ども向けのおかずはもちろん、おつまみとしても重宝します。

【ミンチアジの子ども向けレシピ2】ピクルス感覚のアジつくね

同じミンチアジを使った料理でも、次に紹介するのはアジつくねと野菜の甘酢漬けです。
ミンチアジは玉ねぎのみじん切りと炒りごまと混ぜあわせて、ひと口大のつくねに。次に甘酸っぱい特製だれに漬けて、冷蔵庫でひと晩寝かせればできあがりです。
子どもが生魚が苦手な場合には、一度焼いたつくねを特製だれに漬けこみましょう。生魚特有の匂いが薄まって、子どもが食べやすくなりますよ。

しっかり味のアジレシピが、子どもの晩ご飯にもお弁当にも使える!

【子どものお弁当にも使えるアジレシピ1】アジのチーズパン粉ソテー

子どもの魚摂取を増やしたい時は、しっかり味のアジレシピにトライしてみてはいかがですか。アジにしっかりと味つけを施せば、子どもの魚への苦手意識が和らぐかもしれません。
「アジのチーズパン粉ソテー」は、衣となるパン粉にチーズでうまみをプラスすることで、子どもが喜ぶアジ料理になります。
レモンでさっぱりさせるのも良いですし、オーロラソースでコクをプラスしても良いですね。

【子どものお弁当にも使えるアジレシピ2】アジとなすのこってり照り焼き

次に紹介するのは、しょう油・みりん・砂糖で作る、アジの甘辛おかずです。
使うのはアジとなす、そして調味料のみ。少ない材料で作れる上に調理も簡単なので、子どもだけでなく、ママにもうれしいですね。
今回はアジを使用していますが、サバやサンマなどほかの青魚を使ってもおいしく仕上がります。子どもの好みや季節に合わせて魚を使いわけて、いろいろなバリエーションの照り焼きを作ってみましょう。

【子どものお弁当にも使えるアジレシピ3】アジのサクサクアーモンドフライ

アジを使ったレシピといえば、やっぱりアジフライは外せません。王道のアジフライもおいしいですが、子どもにはアーモンドを利用した変わり種アジフライがおすすめです。
スライスアーモンドを衣にしたインパクト大のアジフライに、子どもも興味津々♪ アーモンドのサクサク感と香ばしい風味で、いつものアジフライが劇的に変身します。
また薄力粉と卵を混ぜたバッター液を使うことで、子どもが喜ぶふわっと食感のアジに揚がりますよ。

ミニサイズの丸ごとアジレシピなら、子どもでも食べやすい☆

【子どもでも食べやすいミニアジレシピ1】小アジのチーズはさみ焼き

ひと口にアジといっても、大アジや中アジ、小アジなど、大きさによって呼び方が変わります。小アジなどミニサイズのアジは、丸ごと焼いたり揚げたりできるので、子どもがししゃも感覚で食べられるのが魅力です。
小アジの内臓を取り出したら、アジの身に梅肉ソースを塗って、青じそとチーズをはさみます。あとはフライの要領で衣をつけて、フライパンで焼きましょう。
大量の揚げ油を用意する必要がないため、子どもだけでなくママも喜ぶアジレシピですね。

【子どもでも食べやすいミニアジレシピ2】じっくり揚げた豆アジの南蛮漬け

小アジよりもさらに小さなアジを「豆アジ」と呼ぶことがあります。豆アジは油でじっくりと火を通して、骨まで食べられる南蛮漬けにしましょう。
酢・砂糖・しょう油などで作る甘酸っぱいたれが豆アジにからんで、ごはんがススムおかずに。
さらに、漬け汁に唐辛子を入れることで、ピリッとした辛みが食欲をさらにかき立てます。小さな子どもが食べる際には、唐辛子アリと唐辛子ナシの漬け汁を別で作っておくと、大人も子どもも一緒に楽しめます。

子ども向けのアジレシピで、子どもに魚をいっぱい食べてもらおう

子どもが喜ぶアジレシピをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
アジは年間を通して手に入りますが、春から夏にかけて旬を迎えます。同じ魚でも新鮮なものを使うだけで、おいしさがアップ。
旬ものの力を借りつつ、見た目や味つけを工夫して、魚に対する子どものイメージを変えてあげてくださいね。


※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり