【肉巻きの簡単レシピ!】お弁当のおかずに使える人気料理5選

食べ応えがあり、中身の具材によって更に美味しさが際立つ肉巻き料理。 小さい子から大人まで、大人気の料理です。ちょっとボリューミーなメインのおかずになるものから、さっぱりとつまんで食べるのに程良いレシピまで数々の種類があります。 今回はお弁当にぴったりな簡単に作れる美味しい肉巻きレシピを選びました。

簡単メインおかず♪「しそと長いもの肉巻き」

長いもを豚バラ肉としそで巻いたこちらのメニューは、シャキシャキ触感がアクセントの鉄板メニュー。
豚バラ肉にしっかりと塩胡椒で味付けをすることで焼き上がりが美味しく仕上がります。
6等分にカットした長芋とシソを豚バラ肉で巻いてフライパンで焼き目をつけて、醤油と砂糖、みりん、料理酒を加えて煮詰めます。
表面につやが出てきたら完成です。ポイントは、長芋のシャキシャキ食感が残るように時間をかけずに焼くこと。
パパッと作れるメインのおかずとしても活躍しますね!

野菜嫌いも食べられる「アスパラの牛肉巻き」

野菜嫌いでもこれなら美味しく食べれられそう。
こちらの肉巻き料理は、アスパラをすき焼き用の牛肉で巻いたもの。
使用するアスパラは根本1cm程を切り落とし、そこから4cm程皮を剥いて、長さを2等分に切ります。ゆでる際は固めに塩ゆですることでアスパラの食感が美味しく保たれます。肉は少し斜めに巻くことで肉全体に味がつきやすくなりますよ!
バターを溶かしたフライパンに醤油と料理酒を加えて焼いて、パセリを加えたら完成です。野菜嫌いを克服できるぐらいに美味しく食べることができるかもしれません。

豆苗のシャキシャキ食感がアクセント「もやしと豆苗の豚肉巻き」

切って巻いて焼くだけ簡単なパパッと時短メニュー!
なんと、こちらの肉巻きはフライパンを使用しません。
豆苗ともやしは洗って汚れを落としたら豚肉で巻く。耐熱容器に並べ、ラップをして600Wのレンジで7分加熱する。その後、一度取り出して醤油とラー油、いりごま、中華だしの素を混ぜ合わせて、再び2分加熱する。豚肉はバラ肉、こま切れ、もも肉など、お好みの部位を使ってみることで味わいに違いが生まれます。
フライパンを使わないので、忙しくてコンロが埋まっている時にもすぐに作ることができる簡単な一品ですね。

揚げ物なのにさっぱり食べられる「なすの肉巻きフライ」

ご飯がすすむオススメの一品です。
なすの肉巻きフライ。火が通って柔らかくなり、なすの旨味とジューシーな豚肉のハーモニーが口いっぱいに広まるこちらの料理は、パン粉をつけてカリッと揚げるだけ!
醤油とケチャップを混ぜたソースをつければ、更に食欲をそそります。
ポイントは、なすに隙間なく豚肉を巻くことで揚げた後の形が綺麗に保たれます。
一緒に巻くしそがアクセントになり、フライの風味が増します。
揚げすぎると肉が固くなってしまうので、良きタイミングで引き上げましょう。

さわやかな香りと風味を楽しめる「青じそ入り豚肉巻き ポン酢風味」

さわやかにスッキリと食べられる肉巻き料理はこちら!
豚肉と一緒に、しそと生姜の甘酢漬けを一緒に巻けば香りと風味が抜群です。ポン酢を加えて焼き上げることでより爽やかに。
断面は、豚肉の白と生姜のピンク、しその緑と色鮮やかです。盛り付ける際は断面が見えるようにすれば食卓が華やかになりそうですね。
上手に焼き上げるポイントは、豚肉が外れないように巻き終わりを初めにしっかり焼くことです。
爽やかな味わいで肉を使っている料理なのに、さっぱりと食べることができそうですね。

どれも魅力溢れる肉巻きのレシピですね。食べ応え抜群な肉巻き料理、簡単でご飯がすすむお弁当にぴったりのレシピを紹介しました。肉の種類と巻く中身の具材で、数多くの組み合わせができますね。ぜひ、お試しください!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部