おつまみにも!豚肉で作る美味しいダイエットレシピ5選

ダイエットしているのに、夜中に小腹が空いたり食べてしまったり、晩酌のおつまみをつまみ過ぎたり。そんな日の翌日は自己嫌悪にかられてしまいます。でも食事はあまり過度にカロリーを気にすると楽しくないですよね。今回はお肉だからしっかりお腹をいっぱいになるのに、ヘルシーな献立を紹介します。

パクチーの香りがやみつきな「枝豆のファラフェル風」

「ファラフェル」とは中東でよく食べられている、ソラマメやひよこ豆をすりつぶしたものにパクチー・パセリなどの香草を混ぜて丸めて揚げたコロッケのようなもののことです。
こちらのレシピは枝豆を使って豚肉も入れて、より風味とボリューム豊かなおつまみにアレンジしてあります。作り方はフードプロセッサーがあればあっという間。枝豆・香草・調味料等をすべて混ぜたのち、丸めて油で揚げます。ソースは練りごま・ヨーグルト・ガーリックパウダーなどを混ぜ合わせて作り、香り豊かなソースとのハーモニーも抜群の美味しさです。

じゅわっとジューシー「ポークオニオンステーキ」

おうちにある食材で簡単手間なく作れるHOTオードブルです。輪切りにした玉ねぎの上に、豚肉・トマト・とろけるチーズをのせてオーブンで焼くだけ。カリっと焼けた玉ねぎからでる野菜の甘みと、豚肉とチーズのコクが合わさって、見た目も華やかでボリュームたっぷりのおつまみの出来上がりです。オーブンで焼いている間にもう一品作れちゃう、時短おつまみレシピです。焼きあがったら、形を崩さないようにフライ返しでサーブして盛り付けてくださいね。

ピザの土台が肉!な「豚肉のミルフィーユビザ」

炭水化物を控えているけれど、ピザが食べたい!そんなときにはピザの土台を肉そのものにしたお肉系ピザを作ってみませんか。フライパンに豚の薄切り肉を敷き、その上に薄くスライスした玉ねぎ・ミニトマト・チーズをたっぷり乗せて、ふたをしたフライパンで蒸し焼きにするだけで完成です。炭水化物は控えつつ、しっかりタンパク質と野菜をとることができる優れものレシピ。お肉とチーズでお子さんも大喜びで食べてくれることでしょう。蒸し焼きでしっかり火が通るように、分厚くならないようにすることがポイントです♪

ごはんが止まらない!「じゃがいもの豚チーズ巻き」

私たちの健康な身体づくりに欠かせないビタミンB1とタンパク質がとても豊富な豚肉。
これにビタミンCを豊富に含むじゃがいもとカルシウムたっぷりチーズを巻いた栄養満点なおかずです。薄切り豚肉をひろげて、下ゆでしたじゃがいもとチーズを巻いてフライパンへ。焼くときは巻き終わりを下にしてしばらく動かさずにおくと肉がはがれにくくなります。しばらくしたらコロコロ転がして火を通し、最後に合わせ調味料を入れて照り焼き風に。ごはんがどんどん進みそうですね。食べすぎに注意!

ダブルオニオンで旨味たっぷり「肉巻きオニオンリング」

シンプルなオニオンリングももちろん美味しいですが、たまにはガッツリ系おつまみに変身させてみませんか?輪切りにした玉ねぎに豚バラ肉をくるくると巻いていき、フライパンで焼き色を付けます。くりぬいた残りの玉ねぎはみじん切りにして、レモン汁と梅干を加えて少し酸味のある和風ソースをつくりましょう。こうすれば玉ねぎを丸ごと使えて無駄がありません。
ソースにはバターも加えてさらに香り豊かな玉ねぎソースでいただく、ボリューム満点でビタミンたっぷり肉巻きオニオン。お好みでブラックペッパーやパセリを添えてもGOOD♪

いかがでしたか。楽しい会話と美味しいお酒についついおつまみも進んでしまう。そんな時でも安心なヘルシーで美味しい豚肉のおつまみを紹介しました。毎日の献立作りの参考にぜひご活用ください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部