【かじきの主菜レシピ】簡単お洒落♪メインにしたいアレンジ料理5選

スーパーの生鮮市場でも見かけることの多いカジキですが、どのように調理すればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 実はカジキはとても淡白な味わいで、どんな料理にも合わせやすい食材なのです。 クセが少ないので魚が苦手という形でも、肉感覚で食べられるかもしれません。 この記事ではカジキを使った主菜のレシピを5つ紹介します。 普段の食卓にカジキを加えて、ぜひレシピのバリエーションを広げてみてくださいね。

さっぱりだけどコクのあるタレが決め手「カジキの梅味噌マヨ焼き」

最初に紹介するのは、カジキに梅味噌マヨをかけた一品です。
カジキの淡白な味わいに梅の酸味とマヨネーズのコクが絶妙にマッチしています。
カジキに塩をかけると水分が出るので、しっかりと拭き取りましょう。
そうすることで水っぽさをなくし、カジキのうま味が際立ちます。
また、かぶも塩を振って揉むと水分が出てくるので、こちらもしっかりと水気を拭き取ってソースを作りましょう。
ソースは鶏むね肉にも合うので、ぜひ合わせてみてください。

醤油の下味が決め手「カジキの醤油チーズ焼き」

トマトをカジキの下に敷いた、見た目も鮮やかなレシピがこちら。
カジキは醤油と料理酒を絡めて10分ほどおくと、下味がしっかりとついて美味しく仕上がります。
こちらも水分がカジキから発生するので、しっかりと拭き取ってから小麦粉をまぶしましょう。
水分をしっかり拭きとったあとに小麦粉をまぶすことで、カジキの旨味を閉じ込めながら焼き上げることができます。
醤油とオリーブオイルとチーズの味わいがよく合い、とても美味しいレシピです。手軽に作れるのも嬉しいですね。

淡白なかじきもうま味アップ「かじきとししとうの梅風味炒め」

ししとうの辛さがカジキの旨味を引き出すレシピがこちら。
梅ベースで作られたさっぱりとしたソースは、夏バテの時などにもぴったり。
食欲がないときでも、梅の酸味とししとうの辛みが合わさって箸が進みますよ。カジキには塩と黒コショウと小麦粉をまぶして、しっかりと下味をつけて焼き上げましょう。
ソースを絡めて混ぜ合わせる際に、細かくかき混ぜると身が崩れてしまいます。
身が崩れないように、さっと大きくかき混ぜるのがポイントです。

カレー風味とカリカリハーブがベストマッチ!「白身魚とハーブのパリパリソテー」

これまで紹介してきた味付けとは大きく変わり、カジキをカレー風味の味わいで仕上げました。
カジキの淡白な味わいがカレー味とベストマッチ。
見た目も鮮やかで、食欲をそそる逸品です。塩コショウ、にんにく、カレー粉をまぶしたカジキは抜群のおいしさです。
まるでステーキのような味わいが楽しめます。
仕上げにまぶしたハーブもカジキと相性抜群!
「ハーブを焼くとこんなに美味しいのか」と驚かれると思います。
バターはお好みで使ってください。ハーブは生のものを使用するとさらに美味しさが際立ちます。

手早くできるおしゃれメニュー「めかじきとパプリカの白ワイン煮込み」

パプリカの彩りが食欲をそそる「めかじきとパプリカの白ワイン煮込み」。
華やかな見た目なので、パーティーなどのメインディッシュにもぴったり。
おしゃれな見た目のわりに、とても簡単に作ることができるのも嬉しいポイントですね。
パプリカは熱を通すと本来持っている甘みを十分に引き出すことができ、めかじきとマッチします。そこに白ワインの風味が合わさり、とても上品な味わいが楽しめます。
その味はまるでイタリアンで食べる料理のよう。15分ほどで作ることができるので、ぜひ材料を揃えて作ってみてくださいね。

梅ベースのソースで和風に仕上げたレシピから、ハーブや白ワインを合わせた洋風のレシピまでご紹介しました。
カジキはとても淡白な味わいなので、どのような味付けにもなじむので美味しく食べられます。
今回紹介したレシピを参考に、あなたも自分だけオリジナルレシピを作ってみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部