フレンチにも!ミョウガがきいた、さっぱりレシピ5選

薬味の中でもポピュラーなミョウガですが、ショウガやニンニクに比べてどのような食材に合うのか、どのように調理すればよいのか知らない方も多いかもしれません。今回は、煮ものやポテトサラダ、フレンチまで意外な組み合わせの食材など、さっぱりしたミョウガのレシピを集めてきました。

みょうがと梅干しでさっぱりとした味わいに「みょうがと鶏肉の梅酢煮」

意外にもさっぱりとした味わいの、ミョウガ入りポテトサラダをロールパンに挟んだレシピです。具だくさんなだけに、下ごしらえの作業は多いですが、その分見た目もオシャレで鮮やかに仕上がりますよ。包丁使いの練習にぴったりのレシピです。まず、ジャガイモとミニキャロットを切り、柔らかく茹でます。その間に、キュウリ、ミョウガは小口切りに、タマネギとプチトマトは薄切りにしておきます。ハムは短冊切り、茹で卵はみじん切り、パセリは細かく刻み、レモンは絞って皮はすりおろします。下ごしらえが終わったら、全ての材料を混ぜ、軽くトーストしたロールパンに挟んで出来上がりです。ポイントは、ジャガイモは潰さずに加えて食感豊かに仕上げる事です。

じゃがいもの食感とみょうががアクセント「ポテトサラダサンド」

メンチカツを一口サイズにして食べやすくアレンジしたレシピです。
揚げ物はハイカロリーですが、こちらはタネを作る時点でタマネギをたっぷり加えているので、肉料理ならではのくどさもなく、さっぱりと食べられます。
玉ねぎは細かく切ってあるので、苦手なお子さんもしっかり野菜が摂れますよ。揚げるときの温度は、あまり高すぎず低めの中温でじっくり揚げましょう。そうすると中までしっかり火が通り、こんがりジュワッとした食感になります。
ソースも手作りなので、子供達にも大喜びしてもらえそうですね。

みょうがとフレンチの意外な組み合わせ!「みょうがとクレソンのサラダ」

カリカリベーコンがクセになる、ドレッシングの酸味とミョウガの辛みが驚く程マッチしたサラダレシピです。作り方はとても簡単です。切ったベーコンはオリーブオイルでカリカリに炒めます。切ったミョウガとクレソンを混ぜ、器に盛ったら、切ったミニトマトとベーコンを飾り、フレンチドレッシングをかけて完成です。お好みで、ドレッシングに白ワインを少し加えると、香り高いワンランク上の大人のサラダに変身しますよ。

梅味がアクセントのサラダ「ひじきとみょうがの梅味サラダ」

梅味で食欲もわいてきそうな、ミョウガのさっぱりサラダレシピです。まずは、ひじきを水で戻し、沸騰したお湯でサッと茹でます。ミョウガは縦半分に切ってから斜め薄切りにします。梅干しは種をとって叩いてペースト状にし、醤油と酢、ごま油を加えて混ぜておきます。あとは下ごしらえした全ての材料を混ぜて和え、冷蔵庫で冷やして味をなじませて完成です。ひんやり味がなじんだミョウガとひじきが相性良く、美味しいですよ。ひじきは、芽ひじきよりも長ひじきの方が歯ごたえがあります。お好みのひじきを使って作ってみてくださいね。

みょうが好きにはたまらない豚丼「さっぱり豚丼」

最後にミョウガ好きの方へ、たまらない一品を紹介します。このレシピは、青ジソとミョウガがさっぱりした味わいを引きだし、豚丼でもさわやかにいただけます。まず、豚肉は料理酒と片栗粉をまぶし、熱湯でサッと茹で、氷水にとって水気を切ります。ミョウガとネギは小口切り、青ジソは食べやすい大きさに切り下ごしらえしておきましょう。茹でた豚肉も一口大に切り、下ごしらえした具材と醤油、酢で和えます。どんぶりに温かいご飯を盛って、上に乗せれば出来上がりです。豚肉は茹でて水気も切っているので、余分な脂も落ち、さっぱり仕上がりますよ。

今回はミョウガを使ったさっぱりレシピを紹介しましたが、ミョウガの使い道が広がったのではないでしょうか。さっぱりした料理を作りたい時にミョウガは重宝しそうですね。ぜひ、煮ものやサラダ、丼ぶりにもミョウガをお試しくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部