簡単!子供ウケ抜群のコロッケ5選

サクサクとした食感とたっぷりほくほくの中身が嬉しいコロッケは、子供にも大人にも大人気のおかずです。今回は定番のコロッケから、こんなアイデアあるのか!と驚きのコロッケまで、簡単に作れて満足度抜群の5品をご紹介します。ぜひお気軽に作ってみてくださいね。

野菜が味わえるコロッケ「野菜たっぷりのコロッケ」

野菜たっぷりで栄養満点、でもカロリーオフが嬉しい「野菜たっぷりのコロッケ」。ゴロッと野菜の食感が苦手なお子さんも食べやすいレシピです。具材を切ってしっかりと炒めることで、野菜の甘みを引き出します。衣に包んだら1分程度揚げて出来上がり。中身には火が通っているので、表面に色がつけばOKです。じゃがいもは粗く潰すと、ごろごろとした食感が残って美味しくなります。中の具材は冷蔵庫にある野菜を足してもいいですね。簡単にできるたっぷり野菜のコロッケ。ぜひ作って見てくださいね。

人気メニューがドッキング「肉じゃがコロッケ」

肉じゃがとコロッケ、お子さんが大好きな2つのメニューが一度に楽しめる最強レシピ「肉じゃがコロッケ」。ホクホクとしたコロッケに肉じゃがの味がしみて、とっても美味しいコロッケです。冷めても美味しいので、お弁当にも作り置きおかずにもぴったりですね。肉じゃがに汁気が多い時は、しっかりと煮詰めるかレンジで温めて水分を飛ばしましょう。カラッとしたコロッケを作るポイントです。中身は火が通っているので、揚げ焼きでも大丈夫。両面がキツネ色になったら完成です。中は肉じゃがで味が付いているので、なにもつけなくても美味しく召し上がれます。

ボリューム満点の変わり種コロッケ「チーズ入り肉巻きコロッケ」

豚肉をぐるりと巻いて揚げたボリュームたっぷりの「チーズ入り肉巻きコロッケ」。一口食べるとチーズのトロトロ具合が絶妙です。ご飯のおかずにはもちろん、サンドイッチの具材アレンジにもオススメです。調理の際に、具に牛乳を加えてなめらかにするのがポイント。豚肉を巻いて衣をつけたらこんがりと4分揚げてできあがり!豚肉が焦げやすいので注意しながら揚げてくださいね。千切りキャベツと一緒にお皿にもれば完成。一個で大満足のボリューム感は、お子さんも大喜びの嬉しいレシピです。

混ぜてあげるだけの簡単イタリアン!「ライスコロッケ」

ごはんを調味料とあえて揚げるだけでできる簡単「ライスコロッケ」。サクッとした食感にチーズがとろりと絡む、お子さんも笑顔になるような美味しいレシピです。ご飯が余ってしまった時にもパッと作れて、食べ応えバッチリなのが嬉しいですね。ライスコロッケは、ごはんに具を詰めてカラリと揚げた「アランチーニ」が元で、シチリアの郷土料理として知られています。調理はスープの素と牛乳、粉チーズとご飯を混ぜ、衣をつけて5〜6分揚げれば出来上がり。味付けや形状をアレンジしても楽しめますよ!いろんなライスコロッケを楽しんでみてくださいね。

コロコロ転がし焼いて作る「ノンフライかぼちゃコロッケ」

揚げずに作るヘルシーな「ノンフライかぼちゃコロッケ」。 香ばしく焼けたパン粉のサクサクした食感と、かぼちゃの甘みが引き立つコロッケです。調理はレンジで加熱したかぼちゃを潰し、玉ねぎ・豚肉と調味料を和えてから衣に包み、キツネ色になるまで揚げ焼きすれば完成。油が少なめなので後片付けも楽チンです。カレー粉を隠し味にしても美味しいですよ。かぼちゃをじゃがいもに変えれば、ノンフライポテトコロッケにアレンジできます。

いかがでしたか。具材や作り方で色々なバリエーションを楽しめるコロッケ。ご紹介した中で「これは作ってみたいな!」と思えるものがあれば幸いです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部