【絶品肉料理が炊飯器で簡単♪】初心者でも大丈夫!人気レシピ5選

どの家にも必ずあると言っても良い、おなじみの家電「炊飯器」。簡単にご飯が炊けるだけでなく、炊飯器の機能を使って様々な調理を楽しめるのはご存知ですか。そんな便利家電の炊飯器を使って簡単に作れる、肉料理のレシピをご紹介します。

ほっとくだけで豚バラが絶品本格中華に変身!「炊飯器deトンポーロー」

中華風豚の角煮「トンポーロー」が、炊飯器調理で簡単に本格中華に!豚肉を茹でて、調味料を入れて炊飯器のボタンを押すだけ!炊飯器に生姜と長ネギを入れることで、豚肉の臭みも消えて香りも楽しめます。じっくり煮込むので、豚肉はとろとろに。時間がない時は、1時間加熱のみでもOKです。豚肉を一度茹でてから余分な油を落とすことで、脂っこさがなくなり、ご飯が進む一品です。ソースの量はお好みで増やしてご飯の上に乗せれば、丼としても楽しめますよ。

炊飯器で作れる「鶏のオレンジ風味」

オレンジの香りでさっぱりと食べられる、爽やかなチキンの煮込みです。材料は鶏のむね肉、オレンジ、マーマレードジャム、かぶです。とってもシンプルな材料です。まずはフライパンでむね肉を焼いて、かぶを炒めます。炊飯器に切ったオレンジと醤油・マーマレードジャムを入れて炊飯器のスイッチを入れるだけ。出来上がったらむね肉を切って盛り付けるだけの簡単調理です。お好みに合わせてジャムを足しても良いですよ!むね肉を使っているので、カロリーが気になる人にもオススメです。

炊飯器マジックのスピードシチュー「保温もできる時短ビーフシチュー」

炊飯器にお任せの時短レシピなので、ぐつぐつとお鍋で煮込む必要はありません!作り方はとても簡単です。じゃがいもは皮付きのまま、にんじんも一口大に切り、牛肉は細切りにします。炊飯器に具材を入れて早炊きモードで炊飯し、炊き上がったら保温モードにしましょう。ルーを割り入れたら、よく混ぜるだけ!野菜がまだ固い場合は、追加で10分ほど早炊きしてみてくださいね。ポイントは水の量です。炊飯器は水分の蒸発が少ないので、お鍋で作るときよりも水を減らしてください。作ってそのまま保温もできて、作り置き調理としても大活躍です!

トマトスパを炊飯器で!「簡単鶏トマスパ」

材料は本格的ですが、炊飯器のスイッチ押すだけですぐにできるお手軽パスタをご紹介します。まず初めに下準備です。にんにくをみじん切りにし、鶏肉は食べやすい大きさに切り、スパゲッティを半分に折ります。準備した具材と、トマトの水煮、ローリエ、オリーブ、調味料を全て入れて炊飯器を早炊き機能に設定しましょう。蒸気が上がってきたら5分待ち、スパゲッティの硬さを確認してお好みの硬さになったらよく混ぜてできあがり。たったこれだけで本格パスタが作れます。油を使わずヘルシーに食べられますよ。早炊き機能がない場合は、普通の炊飯でもOKです!

包丁不要の豪快男飯!「炊飯器deスペアリブ丼」

豪快でボリューム満点の、思わずハマってしまうスペアリブ丼のレシピをご紹介します。焼肉のたれで漬け込んだスペアリブは、味を染み込ませてからフライパンで焼きます。旨味が中に閉じ込められ、とってもジューシーに仕上がります。スペアリブさえあれば材料はとてもシンプル、家にある調味料ですぐに作れますよ。キムチの分量はお好みに合わせて分量を調整してくださいね。タレのおこげと一緒に食べるとご飯がどんどん進んでしまうので、食べ過ぎにはご注意を!

ご飯を炊くのはもちろん、煮込み調理や蒸し調理まで様々な調理法に使える炊飯器。火の通りにくい材料でも簡単に火を通すことができるので、今回ご紹介したレシピをきっかけに炊飯器調理を楽しんでみてくださいね。

※炊飯器の種類によっては、炊飯以外の調理に使えない場合がございます。必ず取扱説明書をご確認ください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部