【PR】献立の救世主!簡単&アレンジ自在の「生餃子」

調理方法や具材、包み方のちょっとした工夫で、レパートリーが増えるのが「生餃子」の魅力です。 主婦に人気でどんな場面でも活躍するみまつ食品の「生餃子」を使ったアレンジレシピ3選を紹介します。

毎日食べても飽きない みまつ食品の「生餃子」

みまつ食品www.mimatsu-grp.co.jp

母から受け継いだレシピで手作りしている人、毎回お店で買う人、さまざまなレシピを試す人、シーンは人それぞれでも「とにかく餃子が大好き!」という人は多いかもしれませんね。
みまつ食品の「生餃子」は、食べたい!と思ってから実食までの時間が短いお手軽食品。
手作りの味にこだわり、専用の工場を稼働させ、熟練スタッフがひとつひとつていねいに作っている、こだわりの詰まった餃子です。
今回は焼き餃子以外のアレンジレシピをご紹介。餃子好きが集まる餃子パーティーや、子どもが集まるお泊まり会の夕食メニューにもおすすめですよ。

おいしいが嬉しい!「生餃子」のアレンジレシピ

[PR]もっちり食感がおいしい! 簡単♪ 餃子ロールキャベツ

餃子をキャベツで巻いた、ロールキャベツのアレンジレシピです。
キャベツを巻くことで、餃子以外の食感が加わり食べ応えもアップ。
スープで煮ると、餃子の皮がモチモチして焼き餃子とは印象がガラリと変わりますよ。

[PR]肉巻き餃子

こちらは「生餃子」を肉で巻き、焼いたレシピです。肉の旨味をダイレクトに感じられるため、肉好きにはたまらないアレンジですよ。
シソの葉と大根おろしは、料理のアクセントとしておいしく仕上げるために欠かせない食材。
この料理もまずは1度、レシピ通りに作ってみてくださいね。
なお、大根おろしには消化を助ける酵素がたくさん入っています。こってりが苦手な人は大根おろしをたっぷりとかけましょう。
消化酵素をたっぷり摂るためにも、大根は食べる直前におろすのがおすすめです。

[PR]餃子チーズタッカルビ

1回目はノーマルな焼き餃子を、2回目は見ているだけで楽しめるこちらのアレンジレシピ、「餃子チーズタッカルビ」はいかがでしょうか。
食材を並べるだけの簡単料理ですよ。みまつの「生餃子」を使えば、餃子パーティーもとてもお手軽になりますね!

餃子作り49年!みまつ食品のこだわり

みまつ食品は「素材」「商品」「安心・安全」「手づくり」といった4つのこだわりを持って餃子を作り続けています。
キャベツや肉、皮を作るための小麦、にんにくに至るまで妥協なく食材を選んでいるそうです。
「生餃子」を焼いて食べると、キャベツや肉の旨味が感じられます。具の美味しさがはっきりわかるのは、満足できる味のポイントの1つですね。


今回ご紹介している「生餃子」はそのまま焼いて食べてももちろんOK!
熱したフライパンに油をひき、餃子を並べたら水150CCを入れて蓋をします。強火で5分ほど蒸し焼きにし、水がなくなり焼き色がついたら出来上がりです。
とても簡単にできますよ。

なお、みまつの「生餃子」はオンラインショップでは購入できず、スーパーマーケットでの販売になります。
価格もお手頃なので、ぜひお近くのスーパーでチェックしてみてくださいね。今日のおつまみにもおすすめですよ。

今日の晩ごはんはどのアレンジ?

みまつ食品の「生餃子」を使い、餃子ロールキャベツ、肉巻き餃子、餃子タッカルビのアレンジレシピをご紹介しました。いかがでしたか。
食卓のシーンに合わせて、活用できそうなイメージが沸けば嬉しいです。
日常の献立作りから、餃子好きが集まるパーティーメニューまで幅広く使ってみましょう!
手軽でおいしいみまつの「生餃子」は、忙しいママの味方ですよ。

【提供元:みまつ食品】https://www.mimatsu-grp.co.jp/

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部