気分で味を選べちゃう♪ペンネを使ったレシピ5選

小さな鍋でも茹でられる「ペンネ」は、パスタ料理を食べたいときにとっても便利ですよね。量の調整もできて、お腹の空き具合に合わせて調整できるのも魅力です。定番メニューからアレンジメニューまで、おすすめのレシピを5つ紹介します。

辛みがポイント「ペンネ アラビアータ」

ペンネ料理の定番といえば「ペンネ アラビアータ」。今回ご紹介するのは、夕飯の主役にもおすすめのボリュームのあるレシピです。フライパンにオリーブオイルをひき、にんにく、唐辛子、豚ひき肉を炒めます。にんにくが香ってきたら薄切りにしたマッシュルームを入れてしんなりするまで炒めたら、トマトの水煮を加えて約10分煮詰めます。ソース作りと並行して茹でていたペンネをソースによく絡め、塩で味を調えたら出来上がり!煮詰めるときに唐辛子を取り除くとマイルドな味わいになるので、お好みで辛さを調整してくださいね。

フライパンでできる楽チングラタン「ほうれん草とペンネのトマトクリームグラタン」

「ほうれん草とペンネのトマトクリームグラタン」は、フライパンだけで作れるお手軽メニュー。塩、胡椒、生クリーム、トマト水煮、ケチャップを混ぜ、ソースを作っておきます。フライパンに湯を沸かしてペンネを茹で、茹で上がる1分前にホウレン草も追加。茹で上がったらザルに上げ、フライパンはさっと拭いてオリーブオイルを入れます。チーズ半量、ペンネ、ほうれん草、、ベーコン、ソースを入れてざっくりと混ぜたら、残りのチーズをのせて蓋をします。チーズが溶けるまで蒸し焼きにしたら、クリーミーなグラタンの完成です。

ブロッコリーがアクセント「ブロッコリーのペペロンチーノ」

「ブロッコリーのペペロンチーノ」は、休日のおうちランチにもぴったりのおしゃれなレシピ。フライパンでにんにく、唐辛子をにんにくがきつね色になるまで炒めたら、短冊切りにしたベーコンを加えて炒めます。ペンネは鍋で茹で、茹で上がる2分前に小房に分けたブロッコリーも追加。フライパンにみじん切りにしたアンチョビと茹でたペンネ、ブロッコリーを加え、全体を炒めてお皿に盛ります。別のフライパンで炒めたパン粉とチーズを振りかけたら完成!彩りの綺麗なペペロンチーノの見た目も楽しみながら、味わってくださいね。

ほのかな酸味がクセになる食べるスープ「ペンネのミネストローネ」

ペンネで食べごたえバッチリの「ペンネのミネストローネ」は、一品で満足できる食べるスープ。鍋でコンソメスープを煮立て、ペンネを加えて茹でます。薄切りにしたニンニクをフライパンで香りが出るまで炒めたら、みじん切りにしたたまねぎを追加。さらに長ネギとエリンギを加えて炒め、ちぎったタイムとトマト水煮も加えます。ざく切りにしたトマトと塩、胡椒、ワイン(赤)を加えたら、鍋に移して中火で6分煮込みます。器にスープを盛りつけ、最後にイタリアンパセリとパルミジャーノチーズをちらして出来上がりです。

私、ホワイトソース作り失敗しないので「究極のホワイトソースのペンネ」

ホワイトソースを使ったメニューは作るのが難しいイメージがありますよね。実は簡単に作ることができるのです。耐熱容器にバターと薄力粉を入れて、電子レンジで30秒加熱します。牛乳、塩胡椒、コンソメを加えてしっかり混ぜ合わせたら電子レンジで1~2分加熱し、さらに牛乳を加えて混ぜ電子レンジで1分加熱したらホワイトソースの完成です。フライパンでにんにく、たまねぎ、海老を炒め、鍋で茹でておいたペンネ、さやえんどう、ホワイトソース、生クリームを加えて加熱すれば出来上がり!納得のおいしさ「究極のホワイトソースのペンネ」をぜひご賞味ください。

鉄板の定番メニューからアレンジメニューまで、ペンネを使った簡単レシピをご紹介しました。ピリ辛なものからクリーミーなものまで、様々な味わいを楽しめるチョイスにしてみましたが、いかがでしたか。気になるレシピがあったら、ぜひトライしてみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり