本格派におすすめ!ナンプラーで作るエスニック料理レシピ5選

タイ料理では定番の調味料の「ナンプラー」。エスニック料理には欠かせない調味料で、日本人でもその独特の香りが好きな人は多いはず。今回はナンプラーを使って簡単にエスニック料理が作れるおすすめのレシピをご紹介します。

ナンプラーの風味が魚介と肉のうま味にマッチ「えびと豚肉の生春巻き」

エスニック料理で定番の、生春巻きのレシピ。このレシピではエビと豚肉の両方が楽しめます。作り方は、エビとキュウリをそれぞれの大きさに切ったら、鍋に湯を沸かして豚肉を1分茹で、ざるにあげて水気を切ります。ボウルに水気を切った豚肉とエビを入れ、砂糖・レモン果汁・ナンプラーで作ったタレを入れて混ぜましょう。生春巻きに具材を入れて、きつめに巻けば出来上がりです。具材に味がついているので、そのまま食べれらます。好みの大きさに切って、パーティーシーンでも喜ばれますよ。

ドレッシングいらず!爽やかサラダ「アボカドとトマトのエスニック風サラダ」

パクチーとレモンの香りが絶妙で、クセになる味のエスニック風サラダ。鶏肉も入っていて、バランスよく野菜もたっぷり摂れるので、ダイエット中の人にもおすすめです。アボカドとトマトは2センチの角切り、紫玉ねぎはスライスしましょう。パクチーは2センチ幅に切ります。ボウルに、レモン果汁・オリーブオイル・ナンプラー・スイートチリソース・塩胡椒を入れて混ぜ合わせ、ささみは酒と一緒に電子レンジで加熱調理を。混ぜ合わせたソースに、切った野菜とささみを入れて、和えれば完成です。ソースは他の食材との相性も良いので、お好みの野菜でアレンジを。

ライム&ナンプラーがきいたアジアン丼「鶏もも肉のナンプラー炒め丼」

ピリ辛なのに、さっぱりとした味でついついご飯が進んでしまう、エスニック風味漂う丼料理のご紹介です。具材もたっぷりでボリュームも大満足。まずは味の決め手となるタレを作りましょう。先に準備しておくことで、調理が楽になりますよ。次に、フォークで刺した鶏肉を一口大に切り、ピーマン・パプリカ・タマネギをそれぞれの大きさに切ります。フライパンで鶏肉をこんがりと炒め、切った野菜を加えてさらに炒めましょう。野菜がしんなりとしてきたら、赤唐辛子・合わせたタレを加え、よく混ぜて味をなじませて火を止めます。ライムと絡めたパクチーを好みで加えて絡め、ご飯の上に乗せれば出来上がり。具材に絡んだタレがクセになります。

具だくさん「豚肉ところころ野菜のエスニックスープ」

野菜もたっぷり摂れて、ボリューム感もあるエスニックスープ。豚肉と野菜を切って、水・鶏がらスープの素・ナンプラー・すりおろし生姜を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら青ネギ以外の具材を全て加えて煮ます。火が通ったら、酢・ごま油・胡椒を加えて味を整えれば出来上がり。ニンジンがやわらかくなった頃を目安に火を止めてくださいね。他の料理を作っている間にも作れるので、もう一品欲しい時に活躍しそうですね!ちょっとお腹が空いた時にもおすすめ。先ほどご紹介したナンプラー炒め丼と合わせて、おしゃれなプレートランチなど、いかがでしょうか。

思わずお昼からビール♪絶品タイの屋台料理!「ナンプラー香るタイの屋台風焼き」

おつまみにおすすめの、タイの屋台料理を味わえる屋台風焼き。豚肉の串焼きは、タイの屋台では定番の料理なんですよ。水に塩を溶かし、豚肉を5時間ほど漬けておきます。醤油・オイスターソース・はちみつ・ナンプラーを混ぜ合わせ、漬けておいた豚肉に揉み込み、竹串に刺しましょう。あとは、180度のオーブンで15分〜20分焼くだけです。好みで黒胡椒をふってくださいね。ポイントは、オーブンに並べる時、重ならないように置くと焼き色が均一になり、火もしっかり通ります。フライパンで炒めても美味しく食べれるので、野菜炒めとしても活躍しそう。

ナンプラーを使ったおすすめレシピ、いかがでしたか。ナンプラーを使ったことがない人でも簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。いつもの料理にナンプラーを少し加えて、エスニック料理に大変身させましょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2新米にあうおかずレシピまとめmoguna編集部
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部