【大根をアレンジ♪おすすめおかずレシピ】ご飯がすすむ人気料理5選

大根は価格もお手頃な野菜で、生でも煮ても焼いても美味しく食べれる万能野菜です。そんな大根を使ったおすすめのおかずをご紹介します。時短レシピや、忙しいときにもササッと作れるレシピ、初心者でも簡単にできるレシピ、味のしみた大根を楽しめるレシピなど、是非チェックしてみて下さい。

レンジを上手に使って時短できる「ブリ大根」

脂ののったブリとしみしみの大根がたまらないブリ大根。でも時間がかかって大変ですね。でもレンジを使えば時短で作れますよ!ブリはサッと湯通しすることでぬめりや臭みをとることができます。さらに水の中でうろこや 汚れを取り除きましょう。あとで入れる生姜も匂い消しには欠かせません。大根はいちょう切りにして耐熱容器に並べて料理酒をかけ、500wのレンジで6分加熱します。柔らかくなるまで鍋で煮ると20分ほどかかるので、かなり時短になりますね。材料を鍋に入れたら煮汁がほとんどなくなるまで煮詰めましょう。味がぎゅっと凝縮されて美味しくなりますよ。

時間がないときでもササッと作れる「タラのおろし煮」

大根は、おろして使うとさっぱりとした味わいが楽しめますよね。おろすのが面倒という方はミキサーでも作れます。ミキサーに一口大に切った大根と水を少々入れて回せばOKです。また、冷凍保存も可能なのでたくさん作っておいて小分けにしてストックしておけば、必要な分だけ使えるのでとても便利です。だし汁に料理酒、みりんを入れて煮立たせたら、塩タラを入れて煮ます。そこへ大根おろし、すりおろし生姜、醤油を加えて2分煮たら完成です。彩りで三つ葉をそえるときれいです。すぐにできるおすすめのおかずです。

パパッと作れて歯ごたえ抜群!「すりごまとポン酢の大根サラダ」

次は大根のシャキシャキ感がクセになり、ついつい箸が伸びてしまうおかずをご紹介します。ポン酢の酸味と、大葉とミョウガの香りが爽やかで、夏にぴったりな一品です。塩をふって揉み水気を切った大根は、千切りにしただけのものとは食感がまた違い、程よい歯ごたえがあります。少ししんなりするので他の材料とも絡みやすくなります。最後に散らすカツオ節の風味もよく合います。とても簡単なのでもう一品ほしいときや、初心者の方におすすめのレシピです。

二種類の味噌を合わせてコクと香ばしさを「鶏ももと大根の味噌炒め」

てりっとした濃厚な見た目がいかにもごはんに合いそうなレシピです。赤だしと西京の二種類の味噌のコクがたまりません。手が込んでいそうに見えて、フライパン一つでできてしまうのもうれしいですね。お料理上手に見られるかもしれませんよ♪まず、一口大に切った鶏もも肉をこんがりと焼き、うま味を閉じ込めましょう。大根も少し焦げ目がつくように炒めると美味しそうに見えます。残りの材料を入れたら、煮汁がなくなるまで混ぜながら火を通しますが、焦げる直前のドロッとした瞬間がコクと香ばしさを引き出すベストタイミングです。刻んだ青葱で彩りも忘れずに。おかずとしても最高ですが、お酒のおつまみにもおすすめです。

大葉入りでさわやか風味「豚挽き肉のレタス包み」

最後は大根の葉も無駄なく使えるレシピです。大根の葉は味噌汁に入れるくらいしかないという方は必見です。1人分ずつレタスで包んでいて手で食べられるので、家飲みやちょっとしたパーティーのときにもおすすめです。気取らずに大きな口でパクッと食べたい一品です。大根は食感を楽しみたいので大きめの5cmの拍子木切りにします。大根の葉は固いので細かく刻みましょう。フライパンに油を熱して豚ひき肉を炒め、残りの材料も加えて汁気が煮詰まるまで火を通したら、手のひら大くらいのレタスに盛り付けて完成です。いつもと違う手で食べるスタイルで食卓は会話が弾みますよ♪

時にはおろしてさっぱりと、時には煮込んでしみしみに。味付けだけでなく食感も様々なのが魅力的な大根のポテンシャルを存分に発揮したレシピばかり揃えて見ました。どんな色にも染まってくれる大根で、料理を楽しんでくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり