食欲をそそるピリ辛豆板醤の簡単レシピ5選

辛い物が苦手という方も、香る程度にピリッと効かせた辛さなら食欲が増すのではないでしょうか。これから暑くなってきて食欲がなくなってしまったときにおすすめしたいレシピを集めましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

トマトのうま味を存分に味わえるさっぱりマーボ-「トマトマーボー」

花椒の香りや辛味の効いた一般的な麻婆豆腐もおいしいですが、たまにはアレンジしたマーボーはいかがでしょうか。トマトのうま味を活かした、トマトマーボーのレシピをご紹介します。にんにく、生姜のみじん切りを油で炒め、香りを立てます。そこへ豚ひき肉を加えてバラバラになるまで炒め、さらに豆板醤とトマトを加えます。トマトが少し崩れるまで煮たら、ケチャップ、醤油、塩で味付けして、絹ごし豆腐をスプーンですくい入れます。最後にごま油を回しかければ完成です。簡単ですね。のどごしの良いぷるぷるの豆腐に、うま味たっぷりのトマトが絡んで、どんどん食べてしまいますよ。また、豆板醤のピリッとした辛さが味を引き締めてくれて最後まで飽きさせません。

ツナのうま味と角切りトマトが好相性「さっぱりツナトマトうどん」

暑いときにさっぱりと食べられるおすすめレシピです。豆板醤がピリッと効いて箸が止まりませんよ。また、簡単にサッと作れるのでランチや夜食にもいいですね。ツナは汁を切り、トマトは角切り、きゅうりは塩もみ、乾燥わかめは戻しておきます。次に、めんつゆ、水、豆板醤を混ぜ合わせてつゆを作ります。うどんは茹でたあと冷水でよくもみ洗いをします。ぬめりがとれてさっぱりとしますし、麺が引き締まりいっそう食感がよくなります。豆板醤の辛さがマッチしたトマトのつゆで、ツルツルシコシコの麺を召し上がれ。

余った白菜を使い切れるレシピ「簡単キムチ」

自家製の漬物ってあこがれませんか。でも管理が面倒なイメージがありますよね。ましてやキムチなんて作り方が分からないっていう方は多いかと思います。今回ご紹介するレシピなら、とっても簡単にできますし、余った白菜を消費できてしまうという優れものです!まず、1/8カットにした白菜を3時間天日干しして、食べやすい大きさにカットしたのち、塩と水を加えて重しをして1時間置きます。水気を軽く絞ったら、すりおろししょうが、すりおろしにんにく、乾燥ワカメ、はちみつ、ごま油、酢、豆板醤を入れてよく揉んで出来上がりです。朝仕込めば昼には食べられますよ。

豆板醤のピリ辛煮物はおつまみにも「ひき肉とかぶのピリ辛くず煮」

いつもの煮物に飽きてしまったら、香味野菜と豆板醤で簡単にアレンジを加えましょう。おかずにもおつまみにもなるレシピです。最初に、鶏ひき肉をしいたけ、ねぎ、しょうがのみじん切り、酒、ごま油、豆板醤と一緒に1分半炒め、かぶと水を加えて1分半煮ます。そこへ醤油、砂糖、みりんを入れてさらに3分煮ます。かぶは煮崩れやすいので火を通しすぎないように気を付けましょう。最後に小口切りにしたかぶの葉を散らして、水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成です。大きめに切ったかぶと、具だくさんのとろみが満足感のある一皿です。

おつまみにもぴったり!「ピリッと美味しい大根のナムル」

もう一品ほしいとき、お酒のおつまみにちゃちゃっと作りたいときに便利なレシピです。大根は皮をむいて、ピーラーでスライスします。そこへポン酢、鶏ガラスープの素、豆板醤、塩こしょう、ごま油、白いりごまを入れて混ぜ合わせます。お皿に盛り付けて最後に韓国のりを散らせばあっという間に完成です。簡単ですよね。キッチンに立つ時間が減った分、お酒を飲みながら話す時間が増えますね♪

いつものメニューに豆板醤のパンチを効かせるだけで、ずいぶん印象が変わりますね。豆板醤の味は辛味と塩味なので、色々なメニューに入れてみても失敗しにくい調味料だと思います。マンネリ化してしまったなと思うレシピがあったらチャレンジしてみるのも面白いですよ。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部