簡単!白味噌の人気レシピ5選|お洒落な京料理からおかずまで

関西や、中国地方、四国の一部で主に作られる白味噌。中でも西京味噌は全国的に人気です。 淡い色と甘めの味は、味噌汁だけでなく様々な料理からお菓子まで使える万能調味料。 そんな白味噌を使ったレシピを5つご紹介します。 

割烹級のお椀メニュー白味噌仕立ての海老しんじょ椀

白味噌と言えばやっぱり思い浮かぶのは京料理。
優しい味と上品な見た目が人気です。まずは白味噌の味を生かしたはんなりとした椀物レシピをご紹介します。
海老は殻をむき、生臭さをとるために塩と片栗粉をもみ込んで、水ですすぎます。水けをふきとり包丁の腹でたたいたら、塩、卵白、すりおろした長芋とみじん切りの玉ねぎを加えてよくまぜます。
煮立てただしに静かに入れて、火が通ったら取り出して椀に盛り、ゆでた水菜と餅を添えます。残っただしに白味噌を溶き入れたら、椀に注いで柚子の皮を添えれば完成です。
海老しんじょのふんわりとした食感が、白味噌の味とぴったり。優雅な見た目でおもてなしにもおすすめです。

柚子の香りが食欲そそる割烹料理 牡蠣の柚子釜焼き

本格和食をもう1品。白味噌と相性抜群の柚子を、贅沢に丸ごと器に使ったレシピです。
柚子は中身をくりぬいて、柚子釜にします。くりぬいた柚子は絞って白味噌などと混ぜ、
煮詰めてたれを作ります。
牡蠣は、塩水で洗い、フライパンでふっくら焼き、柚子釜に詰めて白味噌だれをかけてトースターで焼けば完成です。
黄色くかわいらしい柚子の器から、牡蠣をひとすくいして口に運べば、芳醇な柚子の香りと濃厚な牡蠣の旨味、それをまとめ上げる白味噌の優しい甘みに、いつもの食卓が人気和食店に早変わりします。

お豆腐で柔らかモチモチ♪豆乳と白味噌仕立ての豆腐すいとん

続いてご紹介するメニューはすいとんです。
知らない方のために説明しますと、すいとんは小麦粉を水で練ったものを丸めたりちぎったりし、具を入れた汁で煮た料理です。日本各地で食べられており、地域によって異なる特色を持つ人気の郷土料理です。
こちらのレシピでは豆腐を加えるので、小麦粉だけより柔らかいモチモチ食感に仕上がります。
汁は豆乳と白味噌でまろやかでマイルド。上品な味です。そこに入れるのは海老、鶏肉、ちくわ、にんじん、葱と具だくさん。いずれもうまみが出る素材です。
素朴なすいとんとはひとあじ違う贅沢すいとん。ぜひお試しください。

春キャベツロール 白味噌仕立て

ここからはアレンジメニューのレシピをご紹介します。人気メニューロールキャベツを白味噌で和風仕立てにします。
柔らかい春キャベツでくるむ肉だねには、ひき肉や玉ねぎといったいつもの材料に加え、長芋と生姜をプラス。長芋のおかげでふっくらとした食感に仕上がり、生姜の香りは白味噌とよく合います。
だしは醤油と白味噌で味付けします。白味噌の淡い色を生かすため、醤油は薄口を使いましょう。
春キャベツの優しい甘みは白味噌とベストマッチ。辛子をつけていただけば、心も体も温まる、まだ肌寒い春先におすすめのメニューです。

パフェなサラダ?女子向きな一品2種の白玉のサラダパフェ

最後にご紹介するのは、とってもかわいいパフェ風サラダ。
見た目とは裏腹に味付けは練りごまと白味噌で和風に。そのギャップも楽しいレシピです。
白玉団子には豆腐を練り込みます。ヘルシーな上硬くなりづらいのが魅力です。半分は青汁を混ぜ込んで2つの色を楽しみます。
『生クリーム?』と思わせて、実はだしを混ぜたクリームチーズ。シャキシャキのせん切り大根と水菜を入れて飾り切りした卵とミニトマトをあしらえば、キュートなサラダパフェのできあがりです。
女子会でふるまえば、きっと人気メニューになるはず。ぜひお試しください!

定番の和食メニューからアレンジメニューまで白味噌を使ったレシピをご紹介しましたがいかがでしたか。優しい甘みのくせのないまろやかな味わいは合わせるものを選ばないので、これまで白味噌を使う機会がなかった方もぜひ試してみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部