黒酢を使って本格的に おもてなしにおすすめメニュー5選

健康食品のイメージも強い黒酢。じっくり発酵させて作る、琥珀色とまろやかな酸味が持ち味のお酢です。香り高くうまみ成分も豊富なので、加えれば一気に本格的な仕上がりに。そんな黒酢を使ったおもてなしにぴったりのメニューをご紹介します。

食べ応えのある豚肉がジューシー! コクある黒酢豚

黒酢といえば外せないのが酢豚ですね。黒酢を使うとコクが出て、豚肉のうまみを引き立てます。ジューシーな豚肉とシャキシャキ食感の蓮根をメインに使ったシンプルなのに味わい深い黒酢豚を作ってみましょう。
豚肉は生姜で下味を付け、片栗粉をまぶします。フライパンで揚げ焼きにしたら、いんげんと先に焼いておいた蓮根、しいたけと一緒に黒酢を使った合わせだれをからめます。器に盛ってせん切りのねぎをのせれば完成!ボリュームがあっておもてなしにもぴったりのひと皿です。
砂糖も白砂糖ではなく黒砂糖を使うことで、よりコク深い本格的な味に仕上がります。

奥深い味わいの黒酢でほろほろに手羽先のやわらか黒酢煮

手羽先でおつまみと言ったらから揚げが定番ですが、ヘルシーに食べたいならこちらのメニューがおすすめ。黒酢を加えてじっくり煮れば、幸せ感じるほろほろ食感に仕上がります。
フライパンに手羽先を、皮目を下にして焼きます。上下を返しながら焼き色がつくまで焼いたら、水と調味料を加えて煮ます。柔らかくなったらゆで卵を加えて、煮汁を回しかけながら、煮汁がとろりとするまで煮ます。
卵と一緒に器に盛って、ゆでたチンゲンサイを添えれば完成。見た目も味も本格的です。
油を使わずヘルシーなのに、コク旨。チンゲンサイとのコントラストもきれいで取り分けやすく、おもてなしにもおすすめです。

ご飯によく合う中華炒め 細切り牛肉とアスパラの中華炒め

豚、鶏ときたら次は牛肉料理をご紹介しましょう。彩り鮮やかでおもてなしにもおすすめしたいメニューです。
細切りの牛肉は下味をつけ、炒めます。野菜と唐辛子加え、調味料を入れて加熱しながらからめたら、たっぷりのパクチーを混ぜて出来上がり。
唐辛子の辛みとパクチーの香りが食欲そそる本格中華。香り高い紹興酒とコク深い黒酢がしっかりと味を支えます。
赤ピーマン、紫玉ねぎ、グリーンアスパラガスとカラフル野菜が盛りだくさん。見た目と食感を楽しむため、加熱しすぎに注意してください。

ホタテの旨味広がる変わりダネ餃子 ホタテと大根の餃子

大根で餃子!と思われるかもしれませんが、ホタテとニラをたっぷり混ぜた大根餅を餃子の皮でくるんだとご想像ください。
大根はせん切りにしてゆで、冷水にさらして水けを切り、みじん切りにします。刻んで叩いたホタテとみじん切りにしたエリンギとニラ、調味料、片栗粉を加えて混ぜ合わせたら、餃子の皮で丸く包みます。フライパンで両面焼いて、カリっとしたら完成です。黒酢をつけていただけば、あっさり味にコクが加わってさらにおいしくお召し上がりいただけます。
少し手間のかかるレシピですが、出来上がりは本格的。体を気遣うあの方へのおもてなしに、ぜひチャレンジしてみてください。

チンするだけで高級中華!? レンジで酔っ払い海老

最後に紹介するのは高級中華酔っ払い海老。電子レンジを使う簡単アレンジなので、気楽に作れます。
海老は殻をむき、塩と紹興酒で漬け込んで、電子レンジで加熱します。海老を取り出したら、蒸し汁に黒酢を加えればつけだれも完成です。
器に海老を並べ、細く切った生姜とねぎを盛り、付けだれを添えればおもてなしにぴったりのゴージャスな一皿に。
簡単なのに本格的な味の秘密は紹興酒。香ばしさを引き出し、薫り高く仕上げてくれる中華料理には欠かせないお酒なので、お持ちでない方もまずはこちらの料理でお試しください。

黒酢を使ったレシピを5つご紹介しましたがいかがでしたか。コクのある黒酢を使えば、本格感が増して料理の味がランクアップ☆おもてなしに使えば、お褒めの言葉をいただけるはずです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部