【豆板醤の人気活用レシピ5選】ピリ辛が癖になる♪簡単おすすめ料理

豆板醤はソラマメと唐辛子を主原料とした中国の発酵調味料。 うまみと辛みを併せ持ち、中華料理には欠かせない人気の調味料なので、冷蔵庫に常備しているという方も多いのではないでしょうか。 定番からアレンジまで豆板醤を使ったレシピをご紹介していきます。

つくってそのまま食卓へ!「スキレットde麻婆豆腐」

豆板醤を作った料理と言えばなんといっても麻婆豆腐。
近頃はテレビや雑誌でも特集を組まれるほど人気のメニューです。
また、こちらも人気のスキレット。手ごろな価格で手に入るようになったので、お持ちの方も多いのではないでしょうか。
スキレットを使えば作ってそのまま食卓に出せるので、最後まで熱々を楽しめる上、洗い物も減ってうれしいですね。
ベースとなる調味料は鶏ガラスープと醤油、辛みの豆板醤と甘みの甜麺醤。ビリビリくる刺激がお好きなら、花椒をプラスしても。
こちらのレシピを元にして、お好みの味付けを探求してみるのも楽しいかもしれません。

中華風の甘辛味がご飯によく合う「マーボーじゃがいも」

麻婆豆腐の次は茄子や春雨もいいですが、マーボーじゃがいもはいかがでしょうか。
生姜とにんにくを香り良く炒め、豆板醤と甜麺醤を加えてひき肉を甘辛く炒めたら、葱を混ぜ、水、料理酒、醤油で煮ます。
水溶き片栗粉でとろみをつけたら、素揚げしたじゃがいもを入れます。
じゃがいもは冷えたサラダ油からじわじわと揚げていくことで中までジューシーな食感に。仕上げにごま油をひとさじかければ香り高く仕上がります。
料理酒の代わりに紹興酒を使えば、さらに本格的な味わいに。
スパイシーな甘辛味はご飯にぴったり。人気のおかずになりますよ。

お弁当にもおつまみにもぴったり「ピーマンみそつくね」

お次は簡単おつまみレシピをご紹介します。
ピーマンは砂糖、豆板醤、味噌で甘辛く炒めます。
粗熱をとったら鶏ひき肉と小麦粉を入れて粘りが出るまでよく練り混ぜます。一口大に丸めたら、平らに整えフライパンで焼きましょう。2個ずつ串に刺せば出来上がりです。
丸めるとき、手にサラダ油を塗るとたねが手付かず作業しやすいですよ。
ピーマンの香りと豆板醤の辛みが良くマッチし、ビールがすすむ鶏つくね。
串にささっているので食べやすく、友人を招いての家呑みでもきっと人気のおつまみに。

豚挽き肉ともやしの「担々麺風ピーナツスープ」

具だくさんで食べ応え抜群のスープをご紹介します。
通常練りごまで作る担々麺ですが、こちらのレシピではピーナッツを使用。
しかもピーナッツバターと粗く砕いたピーナッツをダブルで使い、コクも食感もgood!
豚挽き肉を炒めたら、水と豆板醤、鶏がらスープの素、ピーナツバターを加えて煮込み、さらにもやしを入れてしんなりするまで煮ます。
器に盛ったら人気のパクチーと砕いたピーナッツ、ラー油をトッピングして完成です。
ピリ辛味で、食べれば体が温まるスープ。
ボリュームがあるのにもやしたっぷりでヘルシーなので、ダイエット中にもおすすめです。

電子レンジでチンするだけ「キャベツと挽肉の重ね蒸し」

最後にご紹介するのは、電子レンジで簡単に作れるボリュームおかず。
ロールキャベツが食べたいけれど面倒という方にもおすすめです。
挽き肉は味をつけて良く練ったら、ボールにキャベツ→挽き肉→キャベツ→挽き肉→キャベツの順に重ね、ラップをかぶせて電子レンジでチン!
むらなく加熱するように、挽き肉はドーナツ形に入れるのがポイントです。
このレシピでは豆板醤と醤油の中華風だれをかけていますが、ケチャップで洋風、辛子味噌で和風とアレンジは自由自在。
いろいろためして、ご家庭の人気の味を見つけてください。

豆板醤を使ったレシピはいかがでしたか。
豆板醤を使えば辛みだけでなくうまみや香りも付与されて、一気に中華テイストになりますね。
1度使ったきり冷蔵庫の中に入れたままになっているという方も、この機会に試していただきレパートリーを増やしていただけたらうれしいです。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2手抜き上手になろう!驚きの高見え晩ごはん12選てんぱちゃん
  3. 3【本日の主役は卵!】家族が笑顔になる☆おすすめの晩ごはんご紹介よこさん
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり