【ゼラチンで簡単♪】ひんやりぷるるんデザートレシピ5選

ゼラチンを使ったデザートは、冷やして固めるだけで簡単に作れちゃうのが魅力的ですよね。 見た目もおしゃれで可愛く、火を使わないのでお子さんと一緒に作っても安心できます。 今回は、ゼラチンを使ったプリンからゼリー、ムース、テリーヌまでご紹介します。 ちょっと一手間加えるだけで、また違う美味しさに出会えますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

むっちりプリンが電子レンジで作れる♪「ココナッツミルク豆乳プリン」

一口食べれば癒される、ひんやり美味しいアジアンデザートをご紹介します。ゼラチンをレンジでチンして、砂糖とココナッツミルク、豆乳、練乳を混ぜて固めて完成です。
非常に簡単ですよね。豆乳が苦手な方でも食べやすく、ココナッツミルクと練乳が程よい甘さになっているため、小さいお子さんは何個でも食べてしまうかも。
3時のおやつにこれがあればきっと喜ばれるはず。
ワンポイントアドバイスとして、ボウルを氷で冷やしておくと、ゼリーが早く固まりますよ。試してみてください。

クラッシュゼリーが写真映え♪「葡萄のワインゼリー」

デザートを作りたいけど、甘いものは苦手という方、必見です。
今回はワインを使った大人の簡単ゼリーをご紹介します。
白ワインにゼラチンとグラニュー糖を入れて混ぜるだけ。
ゼリーが固まるまで時間はかかりますが、その間に家事をするのも良し、ゆっくり読書するのもいいかもしれませんね。
シャンパングラスに入れて出せば、写真映えもします。
葡萄の果肉と一緒に食べるので、さっぱりしていて爽快感が口に残り、爽やかな気分になりますよ。

混ぜて冷やすだけ♪「レモンチーズムース」

見た目が圧倒的に可愛いデザートがこちら!
レモン自体を器にしているので、目で見ても楽しめますよ。
生クリームとヨーグルトの組み合わせにゼラチンをプラスすることによって、新しい食感に生まれ変わります。
レモンの器に入れて冷やすことで、レモンの爽やかな酸味がムースに移り、くどくない甘さと味わいに。
友人が家に遊びに来て、これをおもてなししたら、あなたを見る目が変わるかも♪
それくらいインパクトのある一品ですので、普段とは違うデザートを作りたい時におすすめです。

野菜も補えるヘルシーゼリー「にんじんオレンジゼリー」

にんじんが苦手なお子さんに作ってみてください。
オレンジジュースと混ぜているのでにんじんのクセが消えて、夢中で食べれるデザートになっています。
レンジで加熱したにんじんをすりおろして、ゼラチンとオレンジジュースを混ぜて冷やせば、あら不思議。
簡単デザートの出来上がりです。にんじん本来の味がゼリーに残り、ほんのり甘く食べやすい味になっています。
デザートで野菜が摂取できるのもいいですよね。ダイエット中の方にもおすすめですよ。

ザクザク食感が楽しい「ドライフルーツとくるみのチーズテリーヌ」

一見、本格的で難しく思えるテリーヌですが、実は作り方は簡単です。これを機に覚えてみてはいかがでしょうか。
チーズクリームに刻んだくるみや彩り豊かなドライフルーツを混ぜ合わせ、ゼラチンを足して固めていきます。
チーズクリームに合うヨーグルトとレモン汁はチーズテリーヌの味の基礎を作ってくれて、隠し味のラム酒を少し加えることで、大人が好む味付けに変身します。
見た目もおしゃれで、パーティーで出したら、きっと喜ばれる一品ですよ。

いかがでしたでしょうか。
ゼラチンを使ったデザートは、ゼリー以外にも色々と種類がありますよね。
見た目も可愛くて、目で見て楽しむにはもってこいです。
作業時間が短く簡単なので、冷蔵庫で冷やしている間に、自分の時間を楽しむのもいいかもしれませんね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部