火を使わない!味噌を使った簡単野菜料理|人気のおすすめレシピ5選

日本人にとって、おなじみの調味料といえば味噌ですよね。 「一汁三菜」が確立したころから、味噌汁は定番料理として日本人の食生活を支えてきました。とくに味噌汁に使うイメージが強い味噌ですが、こちらの記事では野菜と合わせたレシピを5つ紹介します。 中には火を使わずに作ることができるレシピもあるので「今日は簡単に作れるものが食べたい」という時に是非参考にしてみてくださいね。

肉味噌感覚で使えるきんぴら「ごぼうの味噌そぼろきんぴら」

最初に紹介するのは、手軽に作れておつまみにもぴったりな「ごぼうの味噌きんぴら」です。
15分ほどでパパッと作ることができる手軽さがとても嬉しい一品。
味付けには味噌、みりん、七味唐辛子を使い風味豊かに仕上げます。
炒めるときに使ったごま油がいいアクセントとなって、箸が止まらなくなってしまうかもしれません。
シンプルながら味わい深い一品なので、お客さんを招いたときの前菜としても活躍しそうです。中央を空けてひき肉を加え、炒めてからごぼうと混ぜると、火が通りやすいですよ。

大見出し味噌マヨベースのドレッシングが絶品「ごぼうと豚しゃぶのサラダ」

味噌と相性のいい調味料といえばマヨネーズ。そんな味噌とマヨネーズを、ドレッシングにしてサラダを食べる贅沢なレシピがこちら。
シャキシャキのごぼうと水菜、豚しゃぶをメインにしたサラダは食べごたえ抜群。
「なんだか食欲がない」というときの主食としても大活躍しますよ。
鍋とザルがあれば作れるので、洗い物が少なく済むのも嬉しいですね。おいしく仕上げるポイントとして、お肉を茹でたお湯でごぼうを茹でると、お肉の旨味がごぼうによく染み込みますよ。

黒ごまの香りが立った麻婆なす「黒ごま風味の麻婆なす」

次に紹介するのはなすを使った定番料理、麻婆なすです。
豆板醤をつかった本格的な味つけで、自宅にいながらレストランで食べるような味に。
一見すると、難しそうなレシピに見えますが、意外に簡単。
なすやネギなどの材料を切って、調味料と合わせたら炒めるだけ。手軽に作ることができますよ。黒ごまと味噌の風味が際立ち、お酒のおつまみにもぴったり。もちろん主菜としても楽しんでいただけます。 食べごたえを出すために、ひき肉はあまりほぐさず焼き、大きめに崩すことを意識しましょう。

ピリ辛味のほっこりじゃがいも「豚キム味噌肉じゃが」

いつもの肉じゃがに飽きてしまったら、キムチを使ってピリ辛に仕上げた、こちらのレシピはいかがでしょうか。
和食の肉じゃがにピリ辛味を加えたアレンジレシピで新鮮な味わいです。
キムチが味付けにも大活躍しているので調味料は味噌と砂糖だけでOK。いつもと違った味わいの肉じゃがは、すいすい箸が進みますよ。豚肉とキムチを炒めたら、調味料とじゃがいもを加えて煮込むだけ。
鍋ひとつで炒めることから煮込みまで可能なので、洗い物が少ないのも嬉しいポイントですね。

しっかり味の肉味噌をドレッシング代わりに「肉みそのせ水菜サラダ」

「食欲がなくて、あっさりしたものが食べたい」というときは、パンチの効いた肉味噌がたまらない、水菜サラダなどはいかがでしょうか。
目にもやさしい水菜の色合いが食欲をそそります。味噌でしっかりと味をつけた肉味噌と、シャッキリとした水菜が相性抜群です。
料理に必要な時間は15分ほどで、ササッと作れるのも嬉しいですね。ひき肉に合わせ調味料を加えて炒めたら、お皿に盛った水菜にかけるだけ。仕上げにまぶした焼き海苔がいいアクセントになっています。
海苔を大きめにちぎると、風味豊かに仕上がりますよ。

味噌マヨソースを使った王道のレシピから、本格的な麻婆なすのレシピまで幅広く紹介させていただきました。味噌は栄養分も豊富で味の主張も強く、とても便利な調味料です。今回紹介したレシピを参考に、ぜひ味噌料理のレパートリーを広げてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部