万能ハーブ・タイムで簡単調理!おすすめレシピ5選

ハーブとして日本にも広まっている「タイム」。 実は魚介や肉の臭みを消してくれたり、前菜料理から焼き料理、煮込み料理まで幅広く使える便利な調味料です。 そんな「タイム」を使って簡単に作れる、おすすめのレシピをご紹介します。

テーブルを彩る簡単アペタイザー♪「ハーブ香るミニトマトのマリネ」

簡単に作れて、トマトの彩りが綺麗でおしゃれな前菜レシピのご紹介です。
野菜はたまねぎ、トマトだけで作れて、とてもお手軽です。
ミニトマトを半分に切り、たまねぎをみじん切りにしたら、用意したタイムなどのハーブ、塩、ニンニク、レモンの皮を入れて混ぜ合わせます。
オリーブオイルをたっぷり入れて、1時間ほど冷蔵庫で寝かすだけ!あっという間に完成です。トマトを使う場合は、小さくカットして使ってくださいね。生のハーブがない時は、乾燥ハーブでも作れますよ。

あとひく美味しさ!おつまみにもおすすめ「ピリ辛レモンハーブチキン」

ピリ辛でさっぱりとした味がクセになるハーブチキンのレシピです。
まずは、レモン果汁、ローズマリー、タイム、オレガノ、カイエンペッパーを用意します。その次に、鶏もも肉を一口大に切って、塩胡椒で下味をつけたら、用意したハーブと揉み込んで少し寝かせてください。
あとはフライパンに油をひいたら焼くだけでできあがり!
とてもお手軽です。鶏もも肉にハーブを揉み込む時は、ビニール袋を使うと楽なのでオススメですよ。前日から漬け込んで冷蔵庫で寝かせておけば、味がしみてさらにおいしさアップ!
ただし、レモン果汁だけは作る直前に加えてくださいね。

ハーブとバターの香りが引き立つ「クランブル」

クランブルとは、小麦粉やバターを混ぜて、ポロポロのそぼろ状にしたもののこと。
今回のレシピでは、バター、薄力粉、ローストしたヘーゼルナッツ、パルミジャーノレッジャーノ、オリーブオイル、塩を使って、風味豊かなクランブルに仕上げます。
バターがやわらか過ぎると、ポロポロのクランブルになりにくいので注意してくださいね。
メインのトマトは、ハーブと混ぜたらフライパンでたまねぎと一緒に調理をした後、耐熱容器に入れて、クランブルをのせて焼くだけ。
ハーブが香りがたまらない一品です。先ほどご紹介した「ハーブ香るミニトマトのマリネ」をアレンジして調理してもGOODです。

おつまみにもパーティーにも!「シュリンプボールのハーブ揚げ」

見た目も可愛い、パーティーシーンのフィンガーフードとしても大活躍のシュリンプボールをご紹介します。
まずは、しっかりと下準備を。ボウルに卵を入れて溶き、タイムをちぎって入れます。
次に、えびは塩水で洗って背ワタ、殻、尾をとります。食パンはサイコロ状に切って、パン粉と粉チーズを合わせておきます。あとは、切ったえびを準備したボウルに入れて小麦粉、塩、胡椒を加えて混ぜ、ボール状に丸めます。
最後に、サイコロ状に切った食パンをまわりにつけたら、パン粉と粉チーズをあわせたものをまぶして、油で揚げるだけ。ハーブが無い時は、クレイジーソルトで代用してみてくださいね。

煮込むだけ本格イタリアン♪「タコとキノコのトマト煮」

タコ、エリンギ、しめじ、たまねぎを切って炒め、ハーブを加えて、煮るだけの簡単調理のトマト煮。
素材の旨味がギュッと入ったスープは、具沢山でボリュームも大満足の一品です。
ハーブの香りが食欲をそそり、最後の一滴までおいしいくいただけます。
好みの野菜や他の具材を加えて調理してもOK。
タコが大きい場合は、爪楊枝などで刺してから煮ると、味がしみて柔らかくなるのでオススメですよ。バジルを添えて、オリーブオイルをかけると、さらにおいしく食べられます。

タイムを使った簡単レシピ、いかがでしたでしょうか。手軽に手に入るハーブなので、ぜひ今回のレシピに挑戦してみてくださいね。もしない場合は、クレイジーソルトやミックススパイスなどでも代用可能なので、タイムが入っているものを探してみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部