カレー粉で作る、子供に人気のメニュー5選

料理に少し加えるだけでカレー風味になる「カレー粉」は、味付けに変化を付けたいときの強い味方です。苦手な野菜でも、カレー味なら食べられる!というお子さんもいらっしゃいますよね。今回は、「カレー粉」を使った子供に人気のレシピをご紹介します。

鶏胸肉でボリュームアップ「カレー風味ポテトサラダ」

子供に人気のポテトサラダを、カレー風味にアレンジしたレシピをご紹介します。
鶏むね肉を加えるので、これ一品で肉も野菜も摂れる優秀レシピです。
じゃがいもとにんじんを鍋で茹でたら、ザルにとり粗熱を取ります。続いて同じ鍋に鶏肉を入れたら、10分茹で、ボウルにあけて粗熱を取りましょう。
汁気を切って粗く裂いたら、にんじん、じゃがいもと一緒に、カレー粉とマヨネーズがメインの合わせ調味料をからめて出来上がり。
器に盛って万能ねぎを散らしてください。

親しみやすい和風タンドリーチキン「野菜たっぷりタンドリーチキン」

エスニックなタンドリーチキンも、和風にアレンジすればお子さんでも食べやすい味わいに変身します。
和風タンドリーチキンは、カレー粉・ヨーグルトの他に、醤油・塩・砂糖・ケチャップという親しみやすい調味料を利用。
一緒に焼く野菜も、にんじん・たまねぎ・じゃがいもといった癖のないものがメインなので、お子さんでも食べやすいですよ。
チキンと一緒にたっぷり野菜も食べられるのも嬉しいですね。ちょっとアレンジの効いたレシピをお探しの方、ぜひお試しください。

ほくほく里芋をカレー風味で「里芋でカレー味の揚げ餃子」

子供が大好きな揚げ餃子を、カレー味で作ってみませんか。
里芋は電子レンジで8分ほど加熱し、柔らかくなったら皮をむいてつぶしましょう。
マヨネーズとカレー粉を混ぜたら、つぶした里芋に加えてよく混ぜ、タネを作ります。餃子の皮にウインナーを置き、タネを適量のせたらしっかり閉じましょう。揚げ湯を180℃に熱し、餃子を入れてきつね色になるまで揚げます。器に盛りつけ、お好みでトマトケチャップやポン酢、醤油などを添えて出来上がりです。
皮だけの部分を多くすると、パリパリに仕上がりますよ。

ほくほくあま~い「かぼちゃのひき肉カレー」

子供に大人気のカレーを、かぼちゃでたっぷりで作りましょう。
かぼちゃは一口大に切ってから電子レンジで10分加熱し、粗熱が取れたら皮を取り除きザルでこします。バターを温めたフライパンにみじん切りのニンニクを入れ、香りが立ってきたらたまねぎを加えて中火で炒めましょう。
合挽肉を加えて塩コショウをして炒めたら、かぼちゃ、水、カレー粉、豆乳などを加えて煮込みます。皿に温かいご飯を盛り、ルーをかけたら、ほくほく甘い味わいのカレーの出来上がりです。
かぼちゃを使い切れないときにもぜひこのレシピをお試しください。

朝ご飯やランチにもおすすめ「ドライカレーチャーハン」

目玉焼きとチャーハンは、子供が大好きな組み合わせですよね。
カットしたたまねぎとピーマン、コーンをフライパンで炒め合わせ、カレー粉を入れてさらに炒めます。
フライパンにご飯を加えたら全体になじむまで中火で炒め、器に盛りましょう。フライパンをサッと洗って拭いたら、今度は目玉焼きを作ります。
ドライカレーチャーハンの上に目玉焼きをのせたら出来上がり。野菜もしっかりとれて、お子さんがパクパク食べてくれる、嬉しいレシピ。ぜひトライしてみてくださいね。

子供に人気の「カレー粉」を使ったレシピ、いかがでしたでしょうか。お弁当にも活躍してくれそうなメニューもありましたよね。親しみやすいカレー味なら、お子さんが苦手な野菜でも、美味しく食べてもらえますよ。ぜひ、色々試してみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部