【豆苗の節約おかずレシピ】食費を抑えたいときの簡単人気料理5選

季節を問わず、お手軽価格で購入できる「豆苗」ですが、アレンジ方法がなかなか思いつかないということはありませんか。豆苗を使った料理のレパートリーがたくさんあると、野菜が高い季節でも安心ですよね。今回は、様々な豆苗の節約おかずアレンジレシピをご紹介します。

豆苗のシャクシャク食感がアクセント「もやしと豆苗の豚肉巻き」

節約の強い味方のもやしと豆苗を使った「もやしと豆苗の豚肉巻き」は、簡単なのに節約レシピには見えない優秀レシピです。根を落として半分に切った豆苗ともやしをそれぞれ水洗いしたら、豚肉で巻いて、電子レンジで7分加熱。醤油・ラー油・いりごま・中華だしの素を入れたソースをかけて、さらに2分加熱したら出来上がり。シャクシャクした豆苗の食感にラー油のピリ辛がマッチします。豚肉は、バラ肉・もも肉・こま切れなど、お好みでどうぞ。お鍋やフライパンを使わないので、洗い物も簡単です!

豆苗の食感がアクセント!「とりむね肉のにんにく塩炒め」

「とりむね肉のにんにく塩炒め」は、ご飯が止まらなくなるおかずメニューです。
シンプルな味付けなので、他の料理と組み合わせるのにもとっても便利。鶏むね肉を切って塩と料理酒をもみこんだら、片栗粉をまぶしてフライパンで炒めます。鶏むね肉をいったん取り出したら、次はにんにく。香りが立つまで炒め、豆苗を加えてさっと炒めたら、鶏むね肉を戻し入れます。
最後に塩胡椒をふって強めの中火で炒めたら出来上がり!にんにくの香りが広がり、食欲をそそります。

あっさりシンプルな海老餃子「豆苗たっぷり海老ぎょうざ」

一品あるだけで食卓が華やかになる海老餃子も、豆苗を加えることでコスパのいい節約レシピに変身します。
コスパがいいだけでなく、野菜が同時にとれるもの嬉しいポイントです。合わせ調味料はあらかじめ用意し、豆苗は粗みじん切り、ネギは細かめのみじん切りにします。
エビは殻と背わたを除いて細かく刻みましょう。全ての具材と豚挽肉と混ぜたら、一口サイズに分けて餃子の皮で包み、フライパンで蒸し焼きに。
最後に皮がパリッとするまで焼いたら出来上がり!お子さんと一緒に皮を包んでみても楽しいですね。

たっぷり豆苗を使ったピリ辛炒め「あさりと豆苗のピリ辛蒸し炒め」

あさりのうまみと豆苗がマッチする「あさりと豆苗のピリ辛蒸し炒め」は、殻付きのあさりを使った見た目も華やかなメニューです。
生姜は薄切り、しめじはほぐして豆苗は半分に切っておきます。フライパンにごま油を熱して生姜を炒め、香りが立ったら豆板醤を加えてさっと炒めます。砂抜きしたあさりを加えて、さらに炒めたところに豆苗としめじも追加。
酒をふって蒸し焼きにし、あさりの口があいたら醤油を加えて出来上がり。砂抜きしたあさりを冷凍ストックしておくと、さらに便利に作れます!

鮮やかな色味が食欲をそそる「イカと豆苗の中華炒め」

イカと豆苗の食感が楽しい「イカと豆苗の中華炒め」は、本格的な中華炒めが簡単に作れるレシピです。豆苗は半分に切り、イカは斜め格子に飾り切りをしてから、食べやすいサイズに切ります。すりおろした生姜と、小口切りした鷹の爪をフライパンで軽く炒めたら、イカ、豆苗を順番に加えてさらに炒めます。ソースを回し入れ、全体に絡めたらお皿に盛り、お好みでラー油や酢をかけたら完成!
イカ以外にも、タコやエビなどで応用できるレシピなので、色々トライしてみてくださいね。

いかがでしたでしょうか。豆苗を使った様々なおかずレシピをご紹介しました。家計にやさしい節約レシピでも、ちょっとの工夫でぐっと豪華になりますよね。節約レシピを上手に活用して、素敵な食卓にしましょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部