甜麺醤を上手に使いこなせる♪中華の人気レシピ5選

中華系の甘味噌、甜麺醤。買ってはみたものの、あまり使い道がないと思っている方はいませんか。少しだけ使って、気づいたら賞味期限切れということもありますよね。今回は、料理にコクが出て味が深くなる魅力たっぷりの調味料、甜麺醤を使った人気のレシピをご紹介します。どんどん使って、美味しい料理を作ってみてくださいね。

豆板醤の辛味が本格的「あさりの豆板醤炒め」

ピリッとした味わいが本格的な「あさりの豆板醤炒め」。ご飯も、お酒も止まらない一品です。作り方は、50度のお湯でアサリの殻をこすり合わせるように洗い、お湯を交換して15分置き、砂を出します。ネギとピーマンを細切りにしたら、ショウガと刻みニンニクを炒めた中に入れ、調味料とあさりを入れましょう。水を加えて蒸し煮し、ごま油を加えて混ぜれば完成。料理酒の代わりに紹興酒を、お好みでパクチーを加えればより本格的な味わいになります。あさりの旨味を味わい尽くす一品、簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

豆板醤の辛味がアクセント「揚げなすの肉みそのせ」

とろりとした揚げなすの食感と、甘辛い肉味噌が相性抜群の「揚げなすの肉みそのせ」。程よい辛味が食欲を刺激する、ご飯のおかずにぴったりな一品です。作り方は、ひき肉を炒めて、ショウガ汁、ニンニク、ネギを加えて炒め、豆板醤、甜麺醤、酒、醤油で味付け。なすは縦に切れ込みを入れ、柔らかくなるまで揚げて、切れ目に肉味噌を包めば完成。お好みで白髪ネギなどを載せても美味しいです。なすのガクを取るときは、ぐるりとヘタに切れ目を入れるのがポイント。肉味噌は色々な料理に使えるので、多めに作っておくと便利ですよ。

しらたきを中華に利用!「麻婆しらたき」

しらたきを使ったヘルシーな中華「麻婆しらたき」。しっかり味が付いているのに、低カロリーでダイエット中の方も気軽に食べられるのが嬉しい一品ですね。作り方は、水洗いしたしらたきをゆでてアク抜きをし、水気をよく切って食べやすい大きさに切ります。フライパンで豆板醤とすりおろしニンニクとショウガ、ひき肉を炒めましょう。甜麺醤と鶏ガラスープの素を加えたら、ひき肉と一緒に炒めて、花椒パウダーをかければ完成です。しらたきの香りはサッと茹でると気にならなくなります。時間がたつと水っぽくなってしまうので、茹でたあとの水切りは入念に!しらたきはリーズナブルに手に入るので、どんどん作ってみてくださいね。

カレー風味のカラフル中華☆「トマトとセロリのピリ辛中華炒め」

トマトとセロリの色合いが綺麗な「トマトとセロリのピリ辛中華炒め」。セロリのシャキシャキした食感も楽しい一品です。作り方は、まず洗ってざく切りにしたトマトを冷凍します。ひき肉を炒めて、セロリとパプリカを入れ、火が通ったらトマトを投入。続いて合わせた調味料と刻みショウガを加え、カレーパウダーをかけてさらに炒めれば完成です。鶏ひき肉を使うとさらにヘルシーになるのでおすすめですよ。セロリの代わりにキュウリやズッキーニなど、シャキシャキした野菜を使ってもGOODです。

ピリ辛でマイルドなヌードルメニュー「豆乳担々麺」

スープに豆乳を加えてコクを出した「豆乳担々麺」。辛味とコクがたまらない、やみつきになりそうな一品です。作り方は、ひき肉を強火で炒め、醤油と甜麺醤で味付けをします。次に、練りごまと醤油、ラー油、酢、刻みザーサイとネギを合わせたものを豆乳スープで割り、ゆでた中華麺と小松菜、ひき肉を乗せて完成です。練りごまや肉味噌などのコクのおかげで、しっかりと出汁を取らなくても旨みたっぷりなところが嬉しいですね。お好みで、食べるラー油をかけるとさらに本格的になりますよ。麺はそうめんやうどんでも美味しく食べられます。スープまで美味しく召し上がれる担々麺、ぜひ熱々で食べてみてください!

いかがでしたか。どの料理もコクがあって美味しそうですよね。甜麺醤は、料理に使うことでよりフルーティーで、上品な味わいになる素敵な調味料です。みなさんも甜麺醤を使って、料理の幅をさらに広げてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部