食欲増進!ガラムマサラを使った人気のスパイシーレシピ5選

主にカレー等のインド料理で使われるミックススパイスの「ガラムマサラ」。 辛味づけはもちろん、その香り高さも相まって、入れるととても風味よく仕上がります。 スパイスはハードルが高いイメージですが、取り入れ方は意外に手軽。そんなガラムマサラを使った、オシャレで本格派なレシピをご紹介します。

本格スパイス!「カレー粉で豚肉ピカタ」

ピカタとは、イタリア料理に由来するお肉料理。薄切りの肉を小麦粉と卵液の衣で包んで焼いたものです。
衣がついているお肉はカロリーが気になりますが、こちらは焼くだけなので油が少なく済み、ヘルシーにいただけます。今回はそのピカタにカレー粉とガラムマサラを入れ、スパイシーな味付けにアレンジ。
豚ロースを使い、ヘルシーながらも食べごたえのある食感にしています。お肉は筋を切り、ラップをして麺棒で叩いて薄くするのがポイント。サラダ油の代わりにバターを使うとより濃厚になるので、お好きな方は試してみてくださいね。

エスニックなアレンジで!「シシカバブ風アスパラ串焼き」

トルコを本場とする「シシカバブ」は、お肉の串焼き料理のこと。
羊や豚などいろいろなお肉が使われますが、今回は馴染み深く食べやすい合挽き肉と、串の代わりにアスパラを使用した食べやすいアレンジでお届けします。
合挽き肉にナツメグ、カレー粉、ガラムマサラ、にんにくを練りこみ、アスパラに棒状に巻きつけたら焼いていきます。香ばしく焼きあがったら、さらにチリパウダーでガツンとスパイシーに。ご飯が進むしっかり味なので、メインのおかずとしてはもちろんビールのおともにもぴったりです。
エスニックな味わいが、食欲アップに一役買ってくれそうです。

ぷりぷり海老とトマトのみずみずしさ「トマトとカレーのスパイス炒め」

ガラムマサラとカレー粉、クミンパウダーでスパイシーに味付けしたエビを、トマトと一緒にさっぱりといただくオシャレなレシピです。
エビならではのプリッとした食感と、カレーの引き締まった味わいは相性抜群。
パセリを添えれば彩りも良く、お店で出てきそうな華やかおかずになりますよ。
スパイスの辛味が効いているので、お酒のおつまみとしても喜ばれそうです。上手に作るコツは、エビのわたを取る時に背を開いてボリュームを出すことと、トマトは最後に加えて炒めること。
そうすると、しっかり食感が残るので五感でお料理を楽しむことができます。

隠し味のコーヒーでコクとほろ苦さをプラス!「香辛料たっぷり本格ドライカレー」

ガラムマサラやターメリック、クミン、クローブ、カルダモン、コリアンダーなど、何種ものスパイスを組み合わせた本格ドライカレー!
仕上げに入れるインスタントコーヒーでさらにコク深く仕上げた、クセになる味わいです。
スパイスさえ揃えてしまえば、あとはみじん切りにした野菜とにんにく、生姜を炒め、ひき肉を入れて炒め合わせればOK。玉たまねぎを飴色になるまでじっくり炒めると、甘みが出て更に本格的になります。
出来上がったらそのままご飯にかけていただいても良いのですが、ゆで卵やパセリをトッピングするとお店のように華やかになりますよ。

ボリュームたっぷり「秋野菜のスープカレー」

サラサラとした食感で食べやすい「スープカレー」を、本格スパイスと秋野菜で彩ったオシャレなレシピです。
玉たまねぎやにんじんなど定番野菜を炒めたら、ミニトマトとカレー粉、ガラムマサラをプラス。
昆布だしとホールトマトで煮込むことで、優しい酸味と辛味が織りなす爽やかなカレーに仕上がります。
ゴロゴロ切ったナスやじゃがいもを加えれば、栄養バランスも食べごたえもバツグン。
刻んだピクルスや素揚げしたセルフィーユを加えると、味が引き立ちさらに本格的な味わいに。見た目も華やかなので、おもてなし料理としても喜ばれそうですね。

ガラムマサラといえばカレーを始め、スパイシーな味付けをしたい時にちょっと入れるだけでOK。
味が引き締まり、深みを出してくれるので、お肉に混ぜたり炒めものの味付けにも重宝します。
エビなどの海鮮にも合うので、ぜひ食卓に加えてみましょう!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2新米にあうおかずレシピまとめmoguna編集部
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部