脇役とは言わせない!かいわれを使った簡単レシピ5選

料理の盛り付けに使われることが多く、脇役が多い「かいわれ」。 しかし、かいわれを入れることによって、シャキシャキとした食感が料理のアクセントになり、さらに料理がおいしくなるのです! 今回は、かいわれを使ったレシピの中から、簡単に作れる料理を中心にご紹介します。

梅干しが爽やかな一品「たたき鶏とモヤシのおかずサラダ」

梅のさっぱり爽やかな味がアクセント、おかずサラダのご紹介。お酒のおつまみにもぴったりです。
梅干しは種を取り除いて粗く叩き、鶏肉は皮と余分な脂肪を取り除いて切ったら、塩・胡椒で下味をつけておきます。
ソースは味噌とマヨネーズを混ぜて作っておきましょう。
たっぷりのお湯でモヤシをゆでた後に、同じお湯で鶏肉をゆでて冷水で冷やし、水気を取ります。
ボウルにゆでたモヤシ・鶏肉・かいわれ・梅を入れて、味噌とマヨネーズのソースをかけたら完成です。鶏肉が入っているのでボリュームもたっぷりですよ。

もう一品欲しい時に♪「かいわれとかまぼこの煮びたし」

とても簡単に作れる、かいわれとかまぼこの煮びたしのご紹介です。材料は、かいわれ・かまぼこだけで作れるので、もう一品欲しい時にぴったりのレシピですよ。
調味料も醤油・みりん・だしのみで、シンプルです。小鍋に調味料を入れ、煮立ったら切ったかまぼこを入れ、1分ほど煮ます。かいわれを加えてさっと混ぜ、ひと煮立ちさせれば出来上がり。
かまぼこを先に煮ることで、うま味を引き出すことができるので、入れる順に気をつけてくださいね。だしは、好みのものを使ってOK。
味の調整は、味見しながら塩を加えことをおすすめします。

卵のまろやかさとたらこの塩気がぴったり「卵とたらこ、かいわれ菜のチャーハン」

脇役のかいわれをメイン材料の一つに使ったレシピのご紹介。かいわれの辛みがアクセントになって、ご飯との相性も良く、お箸が止まらなくなりそうなレシピです。
作り方は、材料をそれぞれ切ったら、溶いた卵にたらこを加えて混ぜ、フライパンで半熟になるまで炒めて一度取り出します。
混ぜる時に木ベラなどで大きく混ぜることがポイント。
次にご飯を炒めて、取り出した卵を入れ、かいわれを加えて炒めるだけと簡単です。
一味違ったチャーハンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。好みで醤油を加えてもおいしく食べられますよ。

栄養満点の一品「納豆じゃこのレタス包み」

切ったしいたけ・ちりめんじゃこ・納豆に醤油を入れて炒めて、かいわれを加えて混ぜるだけの、簡単なお手軽レシピをご紹介します!シャキシャキのレタスと、納豆じゃこの相性がよく、ハマってしまいそうな味ですよ。
ちりめんじゃこ・しいたけ・納豆はよく炒めると風味がアップします。
炒める時は、ちりめんじゃこ・シイタケ・納豆が焦げないように気をつけて炒めてくださいね。パッと作れるので、もう一品欲しい時や、前菜としてもおすすめです。
ご飯と一緒に食べても合うので、朝ごはんのおかずにいかがでしょうか。

手軽に本格中華!「あさりの本格中華スープ」

野菜もたっぷり摂れる、本格中華スープのご紹介です。しょうがの香りが食欲をそそり、あさりの旨味がたっぷりにじみ出たこちらのスープは、食欲がない時にもサラッと食べられますよ。
大根としょうがは千切りにして、かいわれは3分の1に切っておきます。水で良く洗ったあさりを鍋で煮立て、貝が開いたら弱火にしてアクをとり、醤油・鶏がらスープの素・大根・しょうがを加えましょう。
ひと煮立ちしたらかいわれを加えて、混ぜたら完成です!
かいわれのシャキシャキ感がアクセントになって、食感も楽しめます。
好みの野菜を加えたり、季節に合わせて旬の野菜を使っても、おいしく食べられますよ。水溶き片栗粉でとろみをプラスして、あんかけとしても使えるので、ぜひ試してみてくださいね。

パッと作れる一品料理から、ご飯ものまで、かいわれを使って簡単に作れるレシピをご紹介しました。シャキシャキ感や辛みが料理にアクセントを加えてくれるほか、手に入れやすい食材なので、ぜひ普段の料理にかいわれを取り入れてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部