簡単お手軽!カリフラワーを使ったおかず5選

カリフラワーは見た目がよく似たブロッコリーよりなじみがないという方も多いかもしれませんが、実は栄養たっぷりで料理に取り入れやすい食材です 。カリフラワーそのものの味が淡白なので、他の食材となじみやすく様々な料理にアレンジできます。今回はすぐ出来て華やかさもある、カリフラワーの簡単レシピを集めました。

芳醇なチーズの風味が香る一品「カリフラワーのチーズ焼き」

脇役になりがちなカリフラワーも、チーズと一緒に焼けばメインディッシュに格上げ!塩水につけたカリフラワーを耐熱容器に入れ、牛乳とピザ用チーズ、粉チーズをかけてあとは焼くだけです。
オーブンがなくても、グリルやトースターで代用できるのも嬉しいですね。
カリフラワーを5分ほど塩水につけることで味が引き締まり、食べごたえも出るのでおすすめ!チーズが濃厚なので、おかずとしてはもちろんワインのお供にも最適です。
粉チーズの香ばしさがたまらない一品です。

簡単フォトジェなサラダ「サーモンとカリフラワーのサラダ」

野菜を切って器に盛るだけ。忙しい方にもおすすめのサラダです。
カリフラワーは強火でさっと茹で、水菜、紫玉ねぎ、スモークサーモン、空炒りしたクルミを乗せて彩り豊かに仕上げます。
少し物足りないと感じることが多いサラダも、このレシピなら品目も多く満足感もしっかりあるので、ダイエット中でもしっかりと量を食べたい方にもぴったりです。
ドレッシングもめんつゆやこしょう、酢などを混ぜるだけなのでとても簡単。和風の味付けは、性別や年齢を問わず気に入ってもらえます。
思わず写真を撮りたくなる華やかな見た目は、ホームパーティにも重宝するレシピです!

とろ〜り手軽に中華風「花野菜のカニあんかけ」

ブロッコリーやカリフラワーは「花野菜」と呼ばれ、モコモコとした見た目が特徴です。
その花野菜2種を使い、カニの優しいあんをかけた中華風のレシピをご紹介します。カリフラワーとブロッコリーを塩茹でし、ズワイガニと合わせ調味料を混ぜたあんを作ります。
お皿に盛った花野菜にあんをかければ、あっという間に完成!赤や白、緑の色とりどりな見た目も食欲をそそりますね。野菜メインなのにボリュームたっぷりなので、しっかりおかずとしても活躍してくれます。
カニの汁を合わせ調味料に入れると、より旨味がアップするので試してみてくださいね。

酸味と塩気がベストマッチ!「厚切りベーコン&カリフラワーのサワークリーム炒め」

カリフラワーの食感とジューシーなベーコン、そしてサワークリームの爽やかさが香り立つオシャレなレシピです。
カリフラワーは水にさらし、レンジでチンするだけで下ごしらえは完了。あとはサワークリームを作って炒めるだけと、プロセスもお手軽です。単品だとさっぱりしているカリフラワーも、ゴロゴロとした厚切りベーコンが入ることで味わい深くなります。
難しいイメージのサワークリームは、生クリームと混ぜ、塩こしょうを振るだけでOK。
酸味と塩気のハーモニーがクセになります!

アサリとベーコンのうまみたっぷり「カリフラワーのクラムチャウダー風」

色々な野菜やお肉の味わいが溶け込んだスープは、時間がない時も美味しく手軽に食べられるのが嬉しいですね。
まずカリフラワーを細かめに切って、あさりとワインで煮込み、うまみを閉じ込めます。この時、蒸し汁を残しておくのが上手に作るコツ。牛乳と豆腐をなめらかになるまで泡立て器で混ぜ、蒸し汁と混ぜたら具を入れて煮込めば完成です。
小麦粉の代わりに豆腐が入っているので糖質オフにもなり、とてもヘルシーです。カリフラワーは食べごたえもあり満足感があるので、しっかり食べたい日にも取り入れたいおかずです。
にんじんやじゃがいもを入れても美味しいですよ。

和洋中に合うカリフラワー。ブロッコリーと同じくらい気軽に料理にプラス出来るので、実はとても万能な食材です。
下茹でさえしておけば、あとはお好きに味付けするだけなのも簡単レシピに打ってつけ!
カリフラワーのレパートリーを増やして、料理上手になりましょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部