コリコリ食感がやみつき♪人気のザーサイ活用レシピ5選

中華料理には欠かせない食材の一つである「ザーサイ」。スーパーなどでは既にスライスされた瓶詰めをよく見かけますよね。 物や薬味としての使用が主流ですが、今回は、調理に使うことで料理の美味しさが際立つ人気のレシピを探してみました。

ビールと一緒に食べたいピリ辛おつまみ「蒸し鶏ときゅうりのザーサイ和え」

こちらはビール好きの方にぜひ作って欲しいレシピです。ビールのお供にも箸休めにももってこいの一品です。
ささみをタレと和える際は、肉の旨みが詰まった蒸し汁ごとボウルに和えることが、美味しく仕上がりますよ。
お皿に盛ったら、お好みでラー油をかけるとピリ辛風味が楽しめますよ。蒸し鶏の柔らかさ、きゅうりとザーサイのパリパリ食感をお楽しみください。つ
いつい手がのびるヘルシーなピリ辛春雨は、ビールにぴったり!
辛いのがお好きな方はぜひ一度作ってみて下さい。

ダイナミックな炊き込みご飯「鶏肉とザーサイの炊き込みご飯」

和風の味付けのイメージが強い炊き込みご飯を、中華風にアレンジしたレシピです。炊き込みご飯を美味しく仕上げる方法の一つは、おこげを作ること。
米を蒸らす前に中火にする事で、カリッと香ばしいおこげが出来ます。ガツンと味が染み込んだ鶏肉や、ダイナミックな味付けが食欲をそそります。チンゲンサイの緑色の彩りもあるので、見た目も大変きれいです。
なかなか食べる機会の少ない中華風の炊き込みご飯ですが、ぜひご家庭で作ってみてくださいね。

隠し味はひとさじのゴマ油♪「豆腐とザーサイの中華風スープ」

ザーサイのコリコリ食感と、豆腐の優しい柔らかさが絶品の中華スープ。
スープの中にザーサイを入れることで一気に風味が中華風に変わるので、中華料理を作り慣れない方でも手軽に作ることができるレシピです。
豆腐とネギを加えた後は食感を残すために食材を加熱し過ぎないことが、美味しく仕上げるポイントです
。豆腐は木綿豆腐を使うことで形が崩れにくくなりますよ。煮立ったスープに胡椒で味を調えたら、器に盛り付けてゴマ油をひとさじ加えてみましょう。
香りが良くなり、中華風味がより強くなります。
熱々のうちにお召し上がりください。

ピリ辛でマイルドなヌードルメニュー「豆乳坦々麺」

ザーサイを使用した麺料理の代表格である坦々麺、ザーサイは細かく刻むことでマイルドな豆乳との相性も抜群の組み合わせです。
ピリ辛な坦々麺に豆乳を加えることでマイルドなコクが出て、絶妙なハーモニーが生まれます。
辛味とコク、一度に楽しめる魅力的なレシピですね。
お好みで豆板醤の量を足せばよりピリ辛に、ネギ油を加えればより香り高く仕上がります。
サッと一品食べたい時に、ぜひ作ってみてくださいね。

シンプルな具材の組み合わせ「豚バラのねぎ搾菜蒸し」

シンプルな具材の組み合わせが、素材の美味しさを引き立て合うこちらのレシピ。
フライパンを使わず、電子レンジのみで作れるので、後片付けも楽々です。作り方も簡単なので、もう一品おかずが欲しい時にもおすすめですよ。
レンジで加熱をする時はふんわりとラップをかけると、加熱のし過ぎを防ぎます。ネギとザーサイ、豚バラ肉が食欲をそそるので、ご飯が何杯でも食べられそうですね。
お弁当のおかずにもぴったりです。
がっつり食べたいときに作ってみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。今回は、辛味とコリコリ食感が絶品のザーサイを使用したレシピを5つ紹介しました。
そのままでも美味しいザーサイですが、様々な食材と組み合わせて中華風に仕上げたいときには、欠かせない一品です。
スーパーでザーサイを見かけたときは、ぜひ、こちらのレシピを思い出してみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1一気に料理上手に見える!【簡単】副菜レシピ12選イイダミワ
  2. 2【米】の意外な一面に惚れる♡米を使った絶品おつまみレシピ12選よこさん
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部