【徹底解説】「全粒粉」って何?そのギモンを解消します!

あなたは、「全粒粉」とは何か知っていますか? この問いに対して首を横に振った方々のために、本記事では「全粒粉」について【徹底的】に解説をしていきます。合わせて、全粒粉を使ったレシピもたっぷり紹介します!

よく目にする「全粒粉」って何だろう?

誰もが1度は目にしたことがあるであろう「全粒粉」。
パン売り場やお菓子売り場で見かけた、という方が多いのではないでしょうか。
今回は、意外と知られていない「全粒粉」の正体を暴いていきます。小麦粉との違いや栄養素についてはもちろんのこと、後半では全粒粉を使ったレシピもご紹介していますよ。
それでは、さっそく「全粒粉」について学んでいきましょう!

「全粒粉」の読み方って?

意外と分からない「全粒粉」の読み方。
実は、「ぜんりゅうふん」と「ぜんりゅうこ」という2つの読み方が存在しています! ただ前者の方がより一般的です。
ちなみに英語では、wholemeal flour(小麦に由来する粉末)と呼ばれています。もしくは、whole-wheat flour(全粒の小麦粉)と表記することもあるようです。

「全粒粉」の正体とは?

目にしたことはあっても詳しくは知らない、という意見が多い「全粒粉」。
その正体は、【小麦の表皮、胚芽、胚乳すべてを粉末にしたもの】です。
つまり、全粒粉は小麦粉の一種。全粒粉と小麦粉は別物、というわけではないんです!

全粒粉と小麦粉の違いは?

「それなら、全粒粉と小麦粉の違いって何?」と気になる方もいるはず。
先ほど述べたように、「全粒粉」は【小麦をそのまま粉末状にしたもの】。対して「小麦粉」は【小麦の表皮と胚芽を取り除き、胚乳部分のみを粉末状にしたもの】です。
丸ごとか、一部分か。そこがこの2つの大きな違いになっています。

全粒粉の《味・香り》は?

全粒粉は表皮と胚芽が含まれているため、ザラザラとしており色はほのかに茶色。香ばしい味と香りを持っている点が特徴です。
そのため、全粒粉を使ってパンや焼き菓子を作れば独特の風味・香ばしさを楽しむことができますよ。
対して、小麦粉の色は真っ白。表皮と胚芽を取り除いているのでサラサラとしており、無味無臭です。
そのため、他の食材の味を邪魔することもなく、様々なレシピに対応できると言えますね。

全粒粉と小麦粉、代用は可能?

「全粒粉は小麦粉で代用可能かどうか」が気になるという声をよく耳にするのですが……結論から言うと、【全粒粉は小麦粉で代用可能】です!
しかし全粒粉特有の風味や香りは失われてしまうので、仕上がりに違いが出ることは理解しておきましょう。
また、【小麦粉も全粒粉で代用可能】です。ただ、全粒粉で作ったパンや焼き菓子は、小麦粉で作った場合よりもだいぶ固めの仕上がりに。
そのため、ふわふわのスポンジケーキなどを作る際には不向きです。
もちもち感なども減ってしまうので、その点を理解したうえで全粒粉は使ってくださいね。

小麦粉を全粒粉に置き換えるときの《黄金比率》は?

小麦粉を使用するレシピに全粒粉を混ぜて作る際は、【小麦粉の10~20%を置き換える】のがおすすめ!
全粒粉特有の香ばしい風味が足され、より美味しく仕上がります。
また、この割合ならば食感が悪くなってしまう心配もないので、まさに《全粒粉の良いとこ取り》をかなえられるんです♡

全粒粉の《保存方法》は?

全粒粉は小麦粉をまるごと粉末状にしたもの、というのは先ほど説明しましたね。
実は、全粒粉に含まれる表皮と胚芽は酸化しやすい部分。そのため、全粒粉は【密閉袋に入れて保存】して、酸化を防ぎましょう。
また【開封後は冷蔵庫で保管】するようにしてくださいね!

グルテンや糖質はどれくらい?全粒粉の栄養

全粒粉に含まれる《グルテン》は?

全粒粉に含まれるグルテンは、小麦粉に含まれている量よりも少ないのが特徴。
そのため、全粒粉はグルテンの摂取を控えたい方に選ばれています。

全粒粉に含まれる《糖質》は?

全粒粉に含まれている糖質量は、100gあたりおよそ57g。強力粉が約69gなので、他の粉類と比べると少なめといった印象です。
そのため、糖質を抑えたい方には全粒粉の使用がおすすめですよ♪

全粒粉の《カロリー》は?

全粒粉100gあたりのカロリーは328kcal。対して、強力粉100gあたりのカロリーは365kcalです。
このように、全粒粉は比較的カロリーも低め。ただし、全粒粉を少量だけ混ぜて焼くパンだと、パン自体のカロリーはそこまで変わらないので要注意です。

全粒粉に豊富に含まれている栄養とは?

全粒粉に豊富に含まれる栄養素は、ずばり「鉄分」と「食物繊維」。どちらも、小麦粉の約3倍もの量が含まれているのです!
鉄分は貧血の予防に効果のあることで知られる栄養素。特に女性の方には嬉しいですね。
また、食物繊維は整腸効果に加え、満腹感を得やすくなる効果もアリ。食物中のコレステロールの吸収も抑えてくれるので、積極的に摂取したい栄養素の1つです。
さらに、全粒粉は「ビタミンB1」も多く含んでいます。皮膚や粘膜の健康を保ったり、糖質からエネルギーを作る際に必要な栄養素です。
このように、全粒粉は非常に栄養価が優れた食品なんですよ♪

全粒粉を使ったレシピ10選!

皆さま、全粒粉への理解は深まりましたか?
ここからは、これまで解説してきた全粒粉を実際に使った絶品レシピをご紹介していきます。全粒粉にチャレンジしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね♡

【全粒粉レシピ】全粒粉パンdeチキンとにんじんのハニーサラダサンド

全粒粉パンを使って、野菜たっぷりのサンドイッチを作りましょう。
はちみつの甘みとマヨネーズのコクが合わさり絶品ですよ。

【全粒粉レシピ】全粒粉パンdeクレソンのチーズサンド

チェダーチーズをたっぷりとのせることで、濃厚な美味しさに。
ナッツソースの風味と食感を楽しみましょう!

【全粒粉レシピ】全粒粉パンdeミックスベリーの香ばしトースト

ミックスベリーのフレッシュな酸味が、カッテージチーズの爽やかなコクにベストマッチ。
甘~いトーストが食べたい朝に、ぜひ作ってみてください♪

【全粒粉レシピ】干しぶどうのスコーン

ラム酒を使った、ちょっぴり大人な味わい。
全粒粉を加えることで、サクサクとした食感に仕上がりますよ。

【全粒粉レシピ】チョコたっぷりスコーン

おやつにもおすすめな甘いチョコスコーンのレシピ。
仕上げにホワイトチョコでデコレーションすれば、一気に見た目が可愛らしくなりますね。
子どもと一緒にチョコペンでお絵かきするのも楽しいかもしれません♡

【全粒粉レシピ】れんこんまんじゅう

コロコロとした見た目がかわいく、食べやすいれんこんまんじゅう。
根菜の美味しさをご堪能ください♪

【全粒粉レシピ】イタリアンな型なしタルト

食べ応えばっちり、かつインスタ映えすること間違いなしのタルトレシピ。
ホームパーティーの際にぜひ作っていただきたい1品です☆

【全粒粉レシピ】小豆とかぼちゃのコロッケ

かぼちゃと小豆の濃厚な甘さが、口の中いっぱいに広がります。
揚げたてホクホクを召し上がれ!

【全粒粉レシピ】切り干し大根のチヂミ

切干大根を使ってチヂミを作る、ちょっと珍しいレシピ。
切干大根の食感がアクセントになって美味しいですよ。

【全粒粉レシピ】りんごのガレット

1つ1つにリンゴがたっぷり入った、満足感◎のガレット。
春巻きのようにくるくる巻いて揚げるので、食べやすさもばっちりです!

全粒粉パンで作ってもGOOD!パンのアレンジレシピのご紹介

次の記事では、全粒粉パンで作ってももちろん美味しい、アレンジパンレシピの数々をご紹介しています。
美味しいパンを朝食に食べれば、1日元気いっぱいに過ごせそうですよね。
ぜひ参考にしてください♡

全粒粉を使ってレッツクッキング♪

今回は、「全粒粉」とは何かについて説明してきました。全粒粉の魅力をご理解いただけたでしょうか。
パンやパスタ、クッキーなど、いろいろなジャンルで活躍し愛されている全粒粉。
あなたもこれを機に、全粒粉を調理に取り入れてみてはいかがでしょうか?


※調理器具の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※料理の感想・体験談は個人の主観によるものです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1赤ワイン&白ワインに合う簡単で人気のおつまみレシピ10選あい
  2. 2【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部