【梅風味の簡単レシピ】肉にも魚にも合う♪人気アレンジ料理5選

ご飯のお供やおにぎりの具材として定番の梅干し。 そのまま食べるだけでなく、梅の酸味を活かした美味しい調味料として料理に活用すると、味のバリエーションが広がります。 今回は梅風味がアクセントになる、簡単に作れるレシピを5つご紹介します!

さわやかな梅の風味がアクセント「梅風味のツナポテトサラダ」

大人から子供まで大人気の定番メニュー、ポテトサラダ。
このレシピでは梅風味を加えてポテトサラダをさっぱり爽やかに仕上げてみました。
柔らかくゆでたじゃがいもをマッシュしてツナ缶とマヨネーズを混ぜたら、細かくたたいた梅と鰹節を添えれば出来上がり!
とても簡単にできて、副菜にもお酒のおつまみにも活躍する万能レシピです。ちょっと大人味に仕上げたい時には、最後に細切りにしたシソをトッピングしてみてくださいね!
時間が経つと味がなじんでさらに美味しくなるので、作り置きにもおススメですよ。

にんにくの香りのまぐろのソテー「まぐろの梅風味たたき」

まぐろのお刺身を醤油ではなく、梅風味のソースでさっぱりといただく一品です。
にんにくで香りづけしたオリーブオイルでまぐろのサクの表面をササッと焼いてたたきにしたら、梅風味のたまねぎソースでいただきましょう。
たっぷりの水菜の上に、まぐろのたたきを花びらのようにのせ、上から梅風味のソースをかける盛り付けもポイント。
まぐろを華やかに盛り付ければ、パーティーやおもてなしにもぴったりですよ!
サラダ感覚でモリモリ食べられる、大満足の一品です。
スーパーでまぐろのお刺身のサクを見かけたら、ぜひ作ってみたいですね。

薬味が香るさっぱり味 「豚肉ときゅうりの梅炒め」

梅ときゅうりという相性抜群の組み合わせに豚肉を合わせ、みょうがとしそで香りを添えたレシピです。
きゅうりというと、普段は生のままやお漬物でいただくことが多いですよね。加熱したきゅうりは、しんなりした食感になり、いつもとは一味違う味わいです。
こちらのレシピでは、加熱して甘味が引き出されたきゅうりに爽やかな梅風味がよく絡んで、後を引く料理に仕上がっています。とても上品な味付けですが、食べ応えもあるので、メインのおかずとして活躍させたい一品ですね。
油の多い豚肉をさっぱりと食べることができるので、食欲が落ちてしまいがちな夏バテの季節にお試しあれ!

酸味とコクの絶妙なバランス「鶏肉となすの梅風味蒸し」

鶏肉となすを梅としそで風味をつけた、大人向けの一品です。
食材を下ごしらえしたら、レンジ加熱だけで調理できるところもうれしいですね。梅の酸味が加わることで、レンジだけで調理したとは思えない、酸味とコクが絶妙な複雑な味わいになります。
ポイントは、皮をむいたなすはをしっかりと水にさらしてあく抜きすること。そのひと手間を加えることで色よく仕上がりますよ。
淡泊な鶏胸肉となすに、びっくりするほど梅風味がぴったりなこのレシピ、ぜひお試しくださいね!

梅ソースが美味しさを引き出す「スナップエンドウと新たまねぎの梅サラダ」

ひじき、スナップエンドウと新たまねぎに、砂糖と酢で味を調えた梅ソースを和えた爽やかなサラダのご紹介です。
少し意外な取り合わせですが、梅ソースが食材をうまくまとめて、素材のおいしさを引き立ててくれています。新たまねぎが手に入りにくい季節は、普通のたまねぎをよく水にさらして辛みを抜いてから使ってみてくださいね。
お手軽な食材でデパ地下のデリのようなおしゃれサラダが作れてしまうので、急なおもてなしにも活用できそうなレシピですね!

いかがでしたでしょうか。梅は肉、魚料理から、副菜やサラダまで、いつもの料理にアクセントを加えてくれる優秀な食材ですね。
そのまま召し上がるだけでなく、ぜひ調味料感覚で、梅を活用してみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部