食卓が豪華に華やぐ! かわいい ケーキ風ちらし寿司

豪華な見た目でお祝い事の席にもぴったりです。
Recipe time調理時間 30 分

材料(2人分)

16㎝丸型1台
ご飯500g
ちらし寿司の素1合分
2個
アボカド1/2個
蓮根30g
絹さや4枚
エビ(冷凍むきエビ)8尾
サーモン(刺身用)24切
イクラ30g
桜でんぶ40g
少々

作り方

1.炊いたご飯とちらし寿司の素を混ぜてすし飯を作る。
2.卵2個を割りほぐし、塩を入れ、フライパンに流し入れ錦糸卵を作る。
3.アボガドは皮をむいて種を取り、縦半分に割って厚さ5mmにスライスする。
4.レンコンは皮をむき、厚さ5mmの半月型に切り、酢水(分量外)に放つ。
5.酢と塩(分量外)を入れた熱湯(分量外)で4をサッと茹で、取り出し粗熱を取る。
6.きぬさやを熱湯でさっと茹で、色が鮮やかになったら取り出し、半分に斜め切りする。
7.エビを茹で、色が変わったら取り出す。
8.型にラップを敷き、すし飯を1cmの厚みに敷き詰める。
9.上から桜でんぶを外側から中心に向かって敷き詰める。
10.上からすし飯を敷き詰め、更に上にアボガドを外側から中心に向かって敷き詰める。
11.更に上にすし飯を敷き詰め、お皿を型の上にのせて上下を返し、型とラップを外す。
12.皿に出したすし飯の上に錦糸卵を全体に広げる。
13.サーモン2切れを巻いて、小さなバラを8個作りちらし寿司のふちに飾る。
14.サーモン8切れで巻き大きなバラを作り、中心に飾る。
15.レンコン、きぬさやをそれぞれ小さいバラの横に立てかけて飾る。
16.皿のふちにエビを並べ、間にいくらを飾る。
Recipe advice

ワンポイントアドバイス

型にご飯を詰めるときは、押さえるようにすると型から出したときに崩れにくくなります。



ひなまつりは女の子の健やかな成長を願う伝統行事。 子どものいるご家庭では、雛人形を飾ったり、ひなあられを買ったりと、ひ...
moguna編集部
七五三やひな祭りなどのお祝いや、おもてなしにぴったりのちらし寿司。すし飯に具材をのせるだけで完成する手軽さも魅力ですよね...
moguna編集部
女の子の健やかな成長を願う、ひな祭り。美しいひな人形を飾り、色彩豊かな菱餅やひなあられを食べますね。華やかな女の子のお祭...
moguna編集部
ひなまつりなどのお祝いや、おもてなしなどにぴったりのちらし寿司。特別感があり、子どもから大人まで皆んなで楽しめるごちそう...
moguna編集部