フライパンで作れる洋風炊き込みご飯♪たっぷりキノコとさんまのピラフ

Recipe time調理時間 30 分Recipe difficulty中級Recipe level本格
いつものピラフをちょっと豪華に!具だくさんピラフ

材料(2人分)

少々
にんにく1片分
玉ねぎ25g
パセリ大さじ1
オリーブオイル適量
エリンギ40g
マッシュルーム40g
1合
黒胡椒(粗挽)少々
秋刀魚1尾
A
少々
200ml
コンソメ小さじ1/2
ワイン(白)大さじ1/2

作り方

1.米は洗ってザルに上げ、30分ほどおく。
2.さんまの肛門の手前に切り込みをいれる。
3.頭の根元の部分に切り込みを入れ、骨まで切っておく。切りすぎに注意。
4.頭の部分をゆっくりとひっぱり、内臓を出す。
5.よく洗って水気をふきとる。
6.尾を切り落として3〜4cm幅に切り、塩をふって10分ほどおく。
7.エリンギは2〜3cm長さにしてから縦半分に切り、縦に薄切りにする。
8.マッシュルームは石づきを取り、縦に薄切りにする。
9.玉葱・にんにくはみじん切りにする。
10.温めたフライパンにオリーブオイルを入れる。
11.さんまを中火で3〜4分両面焼いて焼き色をつける。
12.弱火にして1〜2分焼き中まで火を通してとり出し粗熱をとる。
13.骨抜きを使って中骨を頭の方向に抜きとり、背ビレや腹ビレも除く。
14.フライパンの油をペーパータオルでふきとり、オリーブオイルを入れる。
15.にんにく・玉葱を弱火で1分半しんなりするまで炒める。
16.米もさっと炒め、Aを加えてひと混ぜし、さんまとキノコを乗せる。
17.ふたをし、はじめは強めの中火で2〜3分炊く。
18.米が水分を吸ったら、弱火にして15分炊く。
19.最後に10秒ほど強火にしてから火を止め、10分蒸らす。
20.パセリのみじん切りと黒胡椒(粗挽き)をふる。
21.さんまを軽くほぐしながらさっくりと混ぜて完成。
Recipe advice

ワンポイントアドバイス

炊く時は様子を見ながら調整しましょう。



日本人にはおなじみの和風の炊き込み御飯をはじめ、なんとパイナップルを使う異国情緒あふれるエスニックな炊き込み御飯まで! ...
moguna編集部
具材たっぷりのピラフはテーブルが華やぎ、おもてなしのメニューとしてもおすすめです。 ゲストの好物を具材として加えて作れ...
moguna編集部
漢字で表現すると秋という文字が入る魚といえば、真っ先に思い浮かべるのがさんま(秋刀魚)ですね。腹ワタも取らずにそのまま丸...
moguna編集部
みなさんご存知の通り、さんまは秋の魚と書いて「秋刀魚」です。秋になったらぜひ食べたい魚ですよね。 旬のさんまは脂がたっ...
moguna編集部
さんまは身近な魚ですね。塩焼きにする事が多いと思いますが、にんにくと合わせることで、和から洋までレパートリーが広がります...
moguna編集部
秋に旬を迎える食材は多くありますが、中でもさんまは代表的な秋魚です。脂が乗ったさんまなら、おもてなし料理として大活躍して...
moguna編集部